30代サラリーマンの悩みに多い仕事がつまらないという解決策

こんにちわ!今日もお仕事ご苦労様です。

 

30代を過ぎるとサラリーマンの経験も長くなり
ほとんどの仕事が今までやった事のある仕事が増え

 

フレッシュな気持ち
仕事に取り組めななくなる事が多くなります。

 

本当にサラリーマンって悩みが尽きないですよね。

 

で、そんな時にふと思う事は。

 

マジで仕事がつまらない・・・

 

まぁこのぐらいの年齢層になるとよくある事で
若い頃は世間をよく知らないから

 

何もかもが初めてで仕事に行き詰っても、それを見た先輩が
○○君この仕事はこうすれば良いんだよ!って言って
教えてくれたもんです。

 

そんな先輩たちは仕事以外でもいろんな遊びを教えてくれたりして
毎日が新しい発見ばかりで楽しかった事を今でも思い出します。

 

でも今はどうです?

 

正直、30代にもなるといろいろな経験を
人それぞれ積んできているでしょうし
ましてや会社の先輩より経験が豊富なんてこともあり
先輩に教えてもらう事って少ないですよね?

 

仕事がマンネリ化しているサラリーマンなんてのは
実際、日本中に山ほどいますからね。
で、楽しみと言えば若い新人たちに
仕事を教えてあげるくらいなもんです。

 

今日は、そんな「マジで仕事がつまらない・・・」と感じる
30代のサラリーマンの悩みについてお話していきます。

 

 

マジでつまらないサラリーマン

20代を振り返ってみる

 

サラリーマンがつまらないなんてのはみんなが一度は思う事ですが、
20代を振り返ってみると意外と、つまらないなりに頑張っていたと
僕は思います。

 

みなさんも同じような経験がきっとあると思いますが、
先ほども言ったように、若い頃は先輩達に可愛がられ
仕事や大人の遊び方なんか教えてもらったものです。

 

そして、先輩の言う事は全て正しいと思っているし
先輩や上司なんかが言う言葉は嘘がないと思っていました。

 

例えば・・・

 

  • どんだけ仕事がツラくても3年は仕事を辞めたらダメだよ
  • 今は給料が低いけどいずれ退職金がたくさんでるよ
  • 長く勤めると給料が上がっていき好きな事にお金が使える
  • お金があれば自分の好きな車に乗って彼女とデートできる
  • 給料が高いとパチンコで数万円負けたとしても全然平気だよ

 

などなど、当時は先輩の背中しか見ていなかったので
言った事全てを信じていました。

 

そして彼らの言う言葉は絶対的なものがあったので、
僕は働きアリのように必死で仕事をしていたのを思い出します。

 

 

30代になる頃に将来に不安を感じ始める

 

30代にさしかかる手前で僕は少しづつ、
今のままで本当にいいのか?と疑問を感じ始める様になっていきます。

 

今まで尊敬していた先輩たちが歳をとるにつれ
家族を養う事に専念し自分の使えるお金がどんどん減り
笑顔が前より減ってしまい

 

ストレス発散で行っていたパチンコもできなくなり
たとえ嫌な仕事でも「はい!やります」といいながら
イエスマンとなり会社で家畜のような扱いをうけたとしても
嫌な顔せず仕事をする。

 

「僕も将来こうなるんだな・・・」

 

と思うと、正直なところ今までは先輩たちに言われるがままに
仕事を頑張ってきたけど

 

それを信じた結果、僕もこうなる運命だと思ったら
マジで嫌だと思ってしまいました。

 

ちょうどその時期に脱サラした仲の良い先輩が僕に放った言葉はというと

 

「お前の10年後はアイツらと一緒だからせいぜいここで頑張れ!」笑

 

僕は当時はムカッときたけど、先輩が僕に言いたかったのは、

 

俺は彼らのようになりたくないから必死で努力したし、
だから今会社を辞めれるんだっ

 

って事を伝えたかったんだと思う。

 

実際のところ、同年代で独立している友人や
全く知らない同世代の人たちが日本全国や世界で活躍しているのは、
インターネットを通じて知っていたし
自分との給料の差がかなりある事も分かっていました。

 

ある時には、友人と食事をしている時に
友人の○○は独立して月〇〇〇万円稼いでいる
なんて話を聞かされると、

 

自分との格差があり過ぎて
ショックを隠し切れませんでした。

 

だって、僕はと言うと
たいした給料も貰えていないし
ましてや、どれだけ会社で頑張ったところ
給料の天井は見えているし、

 

部長や課長クラスの給料をもらったとしても
その代償に大切な時間がどんどん減っていく事も
部長や課長を見ていればおのずと分かります。

 

休みの日にも会社に行き、終わらない仕事や
部下の後始末なんかで自分の時間なんてのは
あってないようなもの・・・

 

結局のところ、僕はこの仕事をずっとして
「自分の人生が最高だった」って
自分が死ぬ間際に言えるのか?
って事に疑問を抱きました。

 

たった一度きりの人生なのにこのままだらだらと生きて本当にいいのか?
なんてそんな悩みをたくさん当時は抱えるようになりました。

 

 

サラリーマンがつまらない理由について

会社から指示される仕事がほとんどなので面白いと感じる事ができない

 

会社というのはボランティアではないですから
ほとんどが会社の利益に繋がる事をします。

 

社員数が多い少ないは、その会社によりますが、
給料をちゃんと払ってこその会社です。

 

給料がちゃんと払われないような会社は、
ネットや口コミでの評判が悪く
新しい人材を取ろうとしても簡単には取れません。
(よく募集の紙とは違う事が書かれているのは、嘘でも書かないと面接すら来てくれません)

 

会社ってのは利益がなければ、存続する事ができないので
社員が必要となってきます。

 

簡単に言うと、たとえば仮にAさん(社長)って人が一人でできた仕事だけど
利益を増やそうとすると貰ってくる仕事を増やさなければいけません。

 

で、Aさんは一人で仕事を回す事ができなくなったので、
自分の分身が必要になってくるわけで
まぁそれが社員(社長の分身)ですよね。

 

分身なら響きは良いですが、実際はお金を払ったらなんでもしてくれる
ロボットですからね社員は。

 

ロボットなら感情をむき出しにしたり、上司に反論する事もないから
扱いやすいですが、社員は機械じゃありません。
いやだと思う事もあれば、それに反論する事だってあります。

 

今やっている作業が自分に向いているって事はごく稀にあるかもしれませんが
ほとんどが、会社からの指示によるやりたくもない仕事で
自分の意思ではない行動や動作をしなければいけないので、
人はおもしろくない、つまらないと感じてしまうのです。

 

 

他の業種の人間と関わる事が少ない

 

サラリーマン経験が長いとみなさんも経験があるとは思いますが、
違う業種の人と知り合う機会って少ないですよね。

 

営業とかの仕事(他社に出向く機会が多い)であっても
結局は業種がほぼ一緒な事が多いので、
社員の悩みはあまり変わらない事が多々あります。

 

業界自体が不景気で品物が売れなかったり
繁忙期以外はほとんど暇な事が多いなんてのはよく耳にします。

 

他業種の人間と接する機会が多ければ
それだけで刺激になるし、今後何が流行るのか?
なんてのも聞けたりして良いでしょうけど

 

毎回自分と似たような立場の人間と話してばかりでは
面白くもなんともありませんし
結局は最後に今の現状の愚痴を言ったりし合うのがオチですから。

 

社内の人間関係に疲れてしまった

 

サラリーマンの悩みランキングのつねに上位に君臨する悩みが
まさにコレですよね。

 

そう、社内の人間関係

 

男女問わず社内の人間関係の悩みってどこの会社であっても
あるはずです。

 

 

  1. 上司と意見が合わない
  2. 上司にパワハラを受ける
  3. 同僚と上手くいかない
  4. 部下が指示に従わない
  5. 異性(同僚)に嫌われやすい

 

これらが原因で、「仕事に嫌気がさした・・・」と言って
会社を去っていく人は本当に多いです。

 

仕事自体が自分に向いていないとかだったら、まだしも
好きな仕事を辞めたくないけど、人間関係が問題で
辞めなければならない人も世の中にはたくさんいます。

 

 

 

将来に希望の光が見えない

 

毎日同じ作業の繰り返しで30代も過ぎてくれば
新しい仕事なんてのはほとんどなく
どれも一度はやったことのある仕事ばかり。

将来が有望な社員であれば、
どんなツラい仕事であっても「今は下積み時代だっ!」って
割り切って仕事がデキるかもしれませんが、現実は違います。

 

どれだけ頑張ったところで、自分の末路は
目の前の先輩達のようになるのを
ただただ待つだけ・・・

 

学生時代や子供の頃はプロ野球選手やプロサッカー選手、
ミュージシャンであったりお笑い芸人
また会社の社長なんかを夢見る子たちもいます。

 

でも今はどうですか?

 

酒の席で「俺はお金持ちになる!」
とか今言ったら、まわりから馬鹿にされるのが当たり前

 

若い頃は夢を抱く事ができたから、夢を語り合う事もできたし
目標に一歩でも近づこうとする事ができました。

 

だんだんと人は歳を重ねていくにつれ現実が見えてきて
夢を抱く事すらやめてしまいます。

 

人間は歳を重ねるとこうやって自分で人生を楽しむことすら
やめてしまうのです。

 

 

 

仕事ががつまらないと感じる場合の解決策

仕事が面白くないとかつまらないってのは誰でも一度は経験する事です。
それでも会社にいる以上は仕事をしていかないといけないので、
少しでもそう感じないようにする努力も必要になってきます。

 

面白くない、つまらないと感じる場合にできる解決策を
いくつか紹介していこうと思います。

 

 

仕事はつまらないものと割り切って趣味に力を注ぐ

 

20代の頃は毎日夜中まで遊んで深夜に帰宅しては
次の日の朝、出勤中に寝ぼけながら向かうなんていった
経験がある人もいるかと思いますが、

 

30歳も越えてくれば会社での立場もありますから
生活リズムを会社に合わせて日々生活している人が多いと思います。

 

気付けば趣味に没頭する時間なんてのは、
気付かない内になくなってしまい
日頃のストレスのはけ口がほとんどない人も
多いのではないでしょうか?

 

仕事中心の生活リズムも大事ですが、
ストレスを発散させることも凄く重要です。

 

「仕事はつまらないのが当たり前!」と割り切って
何か一つでもいいので趣味を見つけて
その趣味に力を注ぐなんて事をしてみてはどうでしょうか。

 

趣味を見つけるのが苦手って人は、家の掃除なんてどうです?

 

掃除であればお金もあまりかからないでしょうし、
休みの日に掃除をすると決めたなら
休日までにどうやって掃除をしていくかというプランを
立てる事で仕事がつまらないって感じる暇すら無くなっていきますよ。

 

 

結婚して家族との時間を大切にする

 

結婚して奥さんと大切な時間を過ごすのも良いでしょう。
休みの日に二人で旅行に行ったり
料理を一緒に作るなんてのも良いですね。

 

先ほどの趣味と同じようにプランを立てるって事をすれば、
仕事の事を考えてしまう時間もだんだんと減っていくと思います。

 

仕事中につまらないと感じても家族のためだからしょうがないかって
思えるので、気が紛れていくはずです。
独身のサラリーマンは家族を持つ事が一番良いでしょうね。

 

 

未来を見据えて副業に取り組む

 

副業と聞くと、「アルバイト?時間がないから自分には無理だよ!」と、
思ったかもしれませんが、今の時代はインターネットを使った副業もたくさんあります。

 

僕は仕事がつまらないと今までは思っていましたけど
まぁつまらないのは変わりませんが
副業をする事で、「仕事はつまらないもの」と割り切る事が
できるようになりました。

 

将来の不安であったり給料においての不満なんかも
副業をする事で解決ができました。

 

会社での給料以外での収入減があるおかげで
今後人生をどのようにして生きて行こうかなどの
夢を抱く事ができましたし、心が豊かになっていきました。

 

  • 副業に興味があるけど時間が無い
  • 副業をした事がないのでやり方がわからない
  • 興味はあるけど少し不安・・・

 

なんて事を思っている人もいるかもしれませんが、
実際、僕も副業の知識は無かったですし
仕事しながらでも副業をする事が可能です。

 

自分は初心者なので、どうすればいいですか?って思っている人は
まずは僕も学んだ加藤将太さんが講師をする無料のオンラインセミナーがあるので
興味がある方はそこから視聴して見て下さい。

 

役にたつ情報がたくさんここにはつまっているので
きっとあなたのスキルアップに繋がるはずです。

 

 

さいごに

今回は30代に多い『仕事がつまらない』ってところに注目して
お話していきましたが、どうだったでしょうか?

 

同じような悩みを抱える人は世の中にはホントに多く
それでも仕事はつまらないと割り切って
仕事に励んでいる人も多い事を僕は知っています。

 

同じ悩みを抱えている方に少しでも悩みを解決できるように
いろいろな方法を紹介していこうと今後も思っていますし

 

また、あなた自身の行動次第で人生は大きく変わっていく事も
理解しながら頑張っていきましょう!

 

僕がブラック起業とサヨナラすることができると確信した理由はこちら

あなたは暗黙の了解(会社の雰囲気)の名の元、サービス残業や断る事ができない会社内の飲み会に参加したり、尊敬できない上司に毎日ペコペコ頭を下げて日々、ストレスを溜めまくっていませんか?

 

僕は毎日のように昼の休憩時間をまともに取れていませんし、まわりの同僚は休憩時間なのに必死で作業に追われている・・・。実際、僕も休憩せずに働いている事がほとんどです。

 

季節の変わり目などの体調が崩れそうな時期になると、風邪のひきはじめで熱があるのに頑張って会社に来る社員がほとんどで、会社を急に休んだら休んだで次に出勤した際に「体調は良くなったのか?」ではなく、言われる言葉といえば・・・

 

 

「熱が出ようが何だろうが会社に出社するのが当たり前だろう!大人なんだから!」

みたいな言葉が飛び交います・・・。

 

「え!?」笑

 

 

「熱があって、歩く事も困難でいけません!」なんて言えないし、

「もっと言えば、風邪ひているのに会社にいったら風邪を誰かにうつしてしまいます!笑」

 

なんて事も言えるはずがないというのが本音。そんな僕の思いも通じず、例え熱が高かろうが僕も同僚もまた会社に行ってしまうのですが・・・。だって会社を休んだら白い目で皆さんから見られてしまいますからね。そりゃ会社に行くでしょ。笑

 

どうですか?あなたも似たような会社で働いていませんか??このようなまともじゃない会社に今後も居なければならない、これからもずっと地獄のような日々が続いてしまう。ふとそんな時に自分の将来を考えたら、なりたくもない目の前の上司の姿が未来の自分であると気づきつつも現状を打開する方法がわからず、だらだらと約10年もの間、僕は毎日を過ごしてきました。

 

 

このままではいけない!と、頭では理解していても地獄から抜け出す道は

簡単には見つからず、いつのまにか30代も後半に近づき

転職の機会すら逃してしまいました・・・。

 

 

転職のピークも過ぎ、このまま行ったら自分は会社の駒として使われっぱなしで人生が終わるという絶望感で恐怖しかありませんでした。そんな時、自分よりさらに束縛された状態でありながら副業で月70万稼いだ知人から

そんな生活していたら人生が台無しになっちゃうからさっさと会社やめた方が良いよ。この動画を見るだけでも人生変わるし、それこそブラック企業で働いてることが超もったいなく思えてくるから』と言われ、僕はその動画を見てみることにしました。

 

 

その結果ですね・・・

 

 

一体自分は今まで何をやっていたんだろうという後悔と、ともに自分が働かずして収入を上乗せできる方法やさらには、周囲の人間を簡単に幸せにできる方法がある事に気付かされ自分の心に衝撃が走った事を今でも覚えています。

居ても経っても居られなくなった当時の僕は、動画で解説されている事を実践した結果、あっという間に月3万円を稼げるようになり、残業を減らす事に成功しました。

今、あなたがどんなにつらい状況だったとしても、現状を脱却できる知識を身に付け、日々、身の回りの環境を整えていけばブラック企業を脱出することは十分に可能です。

こちらの記事で僕が視聴したセミナーやブラック企業を脱出する方法を教えていただいた方について解説しているので、あなたも僕と同じようにブラック企業を脱出して自由に生きたい!!!と思うのであれば読んでみてください^^

↓↓↓

 

ブラック企業を抜け出し週休3日以上の人生を手にする不労所得戦略動画プレゼント!

2019.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です