職場の新人いびり・・・立場を利用してする行為はイジメと判断するべし

あなたは誰かにいびられた事がありますか?“いびる”という言葉の意味は弱い立場の人をイジメて苦しめるという意味や、じわじわとイジメていく、陰湿にイジメていくといった場合に使います。
 
 
時にいびり倒すという言葉も聞きますが、いびり倒すとは徹底的にイジメ抜くといった事を意味します。
 
 
あなたが職場で立場を利用して、いびり倒してくる人がいるとすればそれはイジメと変わりありません。
 
 
 

いびり倒してくる人の特徴とは・・・?

仕事ができない人ほど新人いびりをする

新人いびりをする人の特徴としては、仕事があまりできない人が多いはずです。仕事ができない人ほどいびってきますが、その理由としては、仕事が上手くいかないストレスなどを誰かにぶつけて気持ちを楽にしたいからです。
 
 
そこで社内を見渡すと自分より仕事ができない人間・・・、つまりは新入社員が一番の標的となります。
 
 
もし仕事ができる人であれば誰かにいびる必要もありませんし、いびり倒したところで自分の価値を下げる恐れもあります。
 
 
仕事ができる人ってこんな無駄な事にまず時間を費(つい)やしませんよね?笑
 
 
もしあなたが仕事のできる先輩に何か言われたとしても、それはいびっているのではなく、あなたのレベルを上げる為の指摘やアドバイスととらえていいはずです。
 
 
 

同僚に嫌われている場合が多い

あなたをいびってくる相手というのは、同僚から嫌われてはいませんか?
 
 
周りの同僚と仲良くできていない人ほど、コミュニケーションを取る事があまり上手くはないので、会話するのではなく、人をいびってしまいがちです。
 
 
あなたの職場にも少し性格に癖のあるいびり人間がいたりしませんか?
 
 
同僚と仲良くコミュニケーションを取れる人は、新人や同僚のやる気を下げる行為をわざわざしてこないはずです。
 
 
そのような人は職場の空気を大切にしているはずなので、場の雰囲気を自分で壊す事はしてこないはずです
 
 
 

イライラしているから、その矛先を誰かにぶつける

よくいびってくる人の特徴として多いのが、常にイライラしていて仕事でのストレスを抱えている人が大半です。特に会社の上司なんかが多いはずです。
 
 
自分の抱える仕事が多かったり、時には家庭のストレスを職場内の立場の弱い人間にぶつけてきたがります。
 
 
「お前は良いよな、新人だから○○で、役職クラスになるとこんな事までしなきゃならないんだぞ!」なんて言ってきたりもします。
 
 
時には、「妻や子供がいないから楽だろお前は?」なんて事も・・・。
 
 
いやいやオカシイだろと・・・。笑
 
 
あなたが望んだ地位や家庭があるのに、そのストレスをこちら側に向けてくるのは明らかに場違いだとは思いませんか?
 
 
ストレスを抱えてしまう事は仕方ないとしても、いびってくる人ってストレスをぶつける相手を間違っている人がほとんどです。

 
 
 

新人いびりをする人の心の中とは?

間違いなく、いびっている自覚が無い人が多いです。自分も新人の頃にいろいろと言われてここまで来たという思いが強く、自分としてはいびっているつもりではなく、ただの日常会話ととらえている事が多いです。
 
 
これはイジメとよく似た事でイジメをしている人間ってイジメている自覚がないからやめれないわけで、問題が起きてから気づくパターンがほとんど。
 
 
そうやって今まで生きてきたからこそ、相手の気持ちには気づけないのです。
 
 
例えあなたが仕事に行きたく、なくなるような事を言われても相手は何も気づかずにいびり続けてしまいます
 
 
 

弱い立場の人ほどいびられる対象

基本的には上の立場の人間から下の弱い立場の人間に行われます。先ほども言ったように上司が若い新人相手に言う事もそれに当たります。
 
 
弱い立場の人って自分より目上の人に反抗的な態度や発言が出ませんよね?

それを利用して上司なんかがいびり倒してくるのです。仕事のできる部下には基本いびってはきません。
 
 
もし言ったとしても相手の仕事の方が、上司より良く出来ていれば、社内での自分の立場も危うくなってくるかもしれないからです。
 
 
部下同士で上司の陰口を言って、妬みや嫉妬をする上司の話は誰も聞こうとしなくなりますからね。
 
 
 

大人しい人は要注意

大人しい人って誰かに何かを言われても、言い返したりしない事が多いので相手からしたら、何を言っても怒らないから歯止めがききません。
 
 
反抗的な態度で返してくれば、「また言うと、めんどくさくなるから、言わないでおこう」と言う気にもなりますが、そうでない場合、自分をストップさせる要素が無い為一生続けてしまいます。
 
 
こういった性格の方はいびられる事もそうですが、仕事も押し付けられる事がある為、日頃からキッパリ断る事や、少し言い返す事を意識してみましょう。
 
 
 

新人いびりへの対処法

新人いびりの対処法としては、いびってくる相手のテンションや雰囲気で判断をする事を覚えましょう。
 
 
テンションや雰囲気によって相手の言い方は必ず変わってくるので、基本は近寄らないのがベストですが仕事上において接っしなければいけない時もあるはずです。
 
 
周りの人間に聞くなどして、近寄っても大丈夫なのか?そうでないのかアドバイスを聞いてみるのも一つの手です。
 
 
もしくは相手が一人でいる時の方が良いのか、何人かでいる時の方が良いのか少しづつ見極めていきましょう。

また、いびる行為は上から目線でされる事が多いので、相手より仕事ができる様にあなたが成長し、言われない立場になる事が本来良いのかもしれませんね。

 
 
 

新人いびりはイジメとみなして良し

周りからは「またアイツいびられてる・・・」と思われるかもしれませんが、あなたにとってそれが、いびりではなく陰湿なイジメと感じればそれはイジメです。
 
 
イジメをしている側ってイジメだとは気づかないから厄介なんですよね・・・。
 
 
もしあなたが仕事に支障が出るくらいツラい思いをされているなら、部長クラス以上の人間に相談するのも必要です。要は言ってくる相手より上の立場の人間にしっかりと内情を伝えるべきです。
 
 
会社としてはイジメがおきていれば大問題ですし、早急に対応してくれるはずです。しかし相談できない状況や雰囲気であれば退職も視野に入れておくべきです。
 
 
あなたがいずれ言われない立場になったとしても、また新人などの弱い立場の人間が必ず現れます。
 
 
結局はまた誰かをイジメだすので、そんな会社には見切りをつけた方が早いのかもしれませんね。

 
 
 

まとめ

今回は“いびり”についてお話ししましたが、いびって来る奴は一生いびり倒してきます。そんな相手と長年付き合っていてはあなたの体がもたないかもしれません。
 
 
もし精神的に苦痛を感じ続けているなら早急の対策が必要です。時には人間不信になったりもするので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です