「明日になるのが怖い!仕事が嫌!マジで辞めたい!」そんな悩みから眠れなくなったアナタを解決させる為の方法とは!?

 

「明日になるのが怖い!」と思ってしまうその原因って何?

 

人間関係に悩みがある為

 
社内の人間関係で悩まれている方は多いはず、僕もその一人でした・・・。

性格が正反対の人と一緒に仕事をしていても意見が合わなかったりして険悪な雰囲気になったりもします。

時には口喧嘩に発展する事もありえます。

そうなると仕事の効率も悪く、モチベーションも下がってしまいます。

ひどい場合は、性格の悪い同僚や上司から直接暴言を吐かれたり、陰で悪口を言われたりもします。

会社から帰宅した際に「明日もあの職場に行かなければいけないのか・・・」

なんて事を考えたら、毎日夜は憂鬱な時間を過ごしてしまいがちです。

 
 
 

任されている仕事が合わないのでやる気が起こらない

 

自分の性格に合わない仕事をやると、どうしても気分がのりませんよね?

そうなるとミスも起きてしまいがちです。

本当に自分の性格に合わない仕事をすると、どう頑張っても上手く出来ない事が多々あります。

その結果、周りより多くのミスをしてしまう事も・・・

一回や二回のミスならまだしも何回もミスをすると社内で目立ってしまい、周りから「アイツはこの仕事に向いていない」なんて事も陰で言われたりもします。

それも雰囲気で伝わってきますよね。

だんだんとそれが原因になり、仕事のやる気や仕事に行く気力が失せてきてしまいます。
 
 
 

仕事についていけないのでいつも周りに迷惑をかけてしまっている

 

人事異動などで新しい部署で新しい仕事を覚えなくてはいけない状況では、周りの人より仕事が遅くなったり出来が悪くなる事はよくある事です。

しかし、一年もすればその部署の雰囲気や仕事にも慣れてくるはずですが、

時が経っても全く仕事が覚えれない、全然仕事が早く終わらない・・・。

それを見かねた同僚から毎日仕事を手伝ってもらう事ってありませんか?

同僚からは「気にしなくてもいいよ」と言われますが、自分としては申し訳ない気持ちで一杯です。

それがずっと続いてしまうと、「自分はこの職場にいると周りに迷惑をかけてしまう」と思い、仕事から逃げ出したい気持ちがどんどんと膨らんできます。

 
 
 

ブラック企業にありがちな“労働条件が過酷すぎる”事で心も体もついていけない

 

ブラック企業に勤めているあなたは良く知っているとは思いますが、労働条件はとても過酷ですよね。

長時間労働休日出勤なんて当たり前、自分だけじゃなく周りの人間も肉体的疲労や精神的苦痛を強いられ職場の雰囲気がピリピリしてる状況はブラック企業には当たり前です。

さらに追い打ちをかける様に上司から罵声を浴びる事も。

だんだんと体はボロボロになり、上司の威圧的な態度や発言で心は悲鳴をあげていきます。

結果、心が病んでしまい「明日も同じことを繰り返すのか」と思い始め、明日を恐怖と感じてしまうようになっていきます。
 
 
 

「仕事が嫌いになり過ぎて眠れない」その対処法とは?

 

仕事から離れたらとにかく仕事の事は考えない

 

一つ目の対処法としては、仕事の事を考えない事です。

仕事がツラいと感じる時間が一日を通してあまりにも長すぎる為、帰宅した後も仕事の事が頭から離れません

しかし、そのままにしておくと負のスパイラルが起きてしまい毎日同じ事を繰り返してしまいます。

これでは一向にあなたの状況が変わる事はまずありえません。

何かが変わるという事は、あなた自身が動かなければその変化はまず起こらないと思っていて結構です。

今日からできる事としては、会社から帰宅したら仕事の事を考えない様にし、短時間でできる趣味でも良いですし、手作りの料理を自分で作ってみるのも良いかもしれませんね。

結婚して妻や子供がいる場合だと、次に行く旅行先を決める話だったり子供の将来を考えて習い事をさせる話でも良いかもしれませんね。

要は仕事の事を考えない時間が、今のあなたには必要と言えるでしょう。

眠る前に気持ちを切り替える事で仕事に対する悩みを遠くに追いやり、以前よりかは眠りやすくなるはずです。
 
 
 

わざと体を疲れさせる

 

帰宅後に誰かに会社の愚痴を聞いてもらいたいと思う事はよくあるとは思いますが、それをしてしまっては話した後に眠りにつく際、また仕事の事を思い出してしまいます。

結果、余計に眠れなくなる事も起こってしまいがちです。

その愚痴を聞いてもらう時間の代わりに体を疲れさせる事をしてみましょう。

帰宅途中に30分や1時間だけ一人カラオケをするのも良いですし、ランニングや筋トレをするのも有効的です。

体を動かすのができないという方は、読書などして目を疲れさせるのも良いですね。

いつも仕事の事を考えすぎて眠れないと思っていても極限まで体を疲れさせる事で簡単に熟睡が出来てしまうはずです。

 
 
 

「会社を辞めたら?」を想像し、明るい未来を考えてみる

 

このまま今の職場に居続けると、暗い未来しか頭に浮かんでこないですよね。

今の悩みは職場での人間関係や労働環境が主な原因でつらい思いをされていますよね?

じゃあ気持ちを切り替えて、「会社を辞めたらどうなるのか?」という事に目を向けてみて一度考えてみましょう。

今より労働環境が良い職場に転職したら自分はどうなるのか?や非ブラック企業に転職したら職場の人間関係も改善されるのでは?と言った事を思い浮かべてみてください。

残業時間の長い会社や休日がほぼ無いに等しい会社にいると帰宅後や休日も心を落ち着かせる余裕があまり無いはずです。

唯一心を落ち着かせる時間と言うのが、たまにの休日にずっと家で寝込んでいる時間では?

寝転がってる最中でもいいので“転職したら未来が少しは明るくなるかも”を想像してください。

きっと暗い気分が少しは晴れてくるはずですよ。
 
 
 

逃げ道を作って心にゆとりを持ち仕事に行ってみる

 
友人に「今の仕事が嫌なら自分の職場に来いよ」と言われたことはありませんか?あるのであれば最悪、今の仕事を辞めても仕事には困らないはずです。

ちょっとでも“逃げ道”があれば心にゆとりを持てますよね。

もし言われたことがない人でも大丈夫です。

友人や知人に会ったら、良い職場がないか聞いてみてください。意外と今のあなたよりマシな労働環境の職場がきっとあるはるはず。

さらに「今、社員を募集しているよ」なんて言われたらラッキーじゃないですか?

友人や知人に「聞けないよ・・・」と言う人も焦らないで下さいね。最後の手段として逃げ道があると気が楽になるので、“退職願いを常に持ち歩く”って事も良いと僕は思います。

「仕事がツラいけど辞めれない」とは思いますが、切り札を持っておくことはとても大切です。

別に退職願いを出すつもりで常に持っておくのではなく、最後の切り札として用意しておくという事です。

職場で嫌がらせや陰口、長時間勤務に過酷な労働環境、あなたが限界にきたら「いつでも退職願いを出せるんだぞ」と言う気持ちを心に忍ばせておく事で少しは気が楽になるはずです。

夜眠る時も「限界が来たら絶対に辞める!」、「いつでも自分はこの会社を辞めれるんだ!」と思えるので、ネガティブな状態で就寝する事はきっとなくなります。

 
 
 

そこまでして今の会社にこだわる必要は果たしてあるのか?

 

眠れなくなるほど「明日の仕事が嫌・・・」、

一度や二度ならいいですが毎日となるとあなたと会社の相性が合ってないという事では?

夫婦もそうですが、相性や性格、価値観の違いからいずれ“離婚”となりますよね。

あなたと今のあなたの会社も同じです。合わないなら結局いずれ会社を辞めてしまうと思いませんか?

それが来月か半年後か10年後かはわかりませんが、いずれあなたは本当に退職すると思います。

あなたが今の職場を今の今まで続けてきた理由は、いろいろとあるでしょうけど、

いずれ辞めるのであれば早い方が良いと僕は思います。

「そこまでして今の会社にこだわる必要は果たしてあるのか?」という事をゆっくりと自分で考えてみて、

そこまでこだわる必要がなく、眠れなくなるほど会社が嫌なら、将来は最悪不眠症や仕事のミス、うつ病のリスクも考えたらキッパリと退職を決断するべきではないのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です