円満退職を望んでいるならコチラ

正直、円満退職かそうでない退職かでは皆さん円満退職の方が後味が
悪くないので望んでいる方もいるのではないでしょうか?
今回はそのメリットや流れについて紹介していこうと思います。

 
 
 

円満退職の良い所

円満退職するメリットとは!?

メリットとしては退職後にどこかでバッタリ会ったとしても、嫌な目で
見られることなく普通に会話できたりする事や、同じ業界に転職を
した時に、元の会社の人脈を使って仕事に繋げたり、
問題を解決する手助けをしてもらったりする事がメリットとしてあります。

 
 
 

円満退職する上での注意点

退職を切り出すタイミング

日本の法律的には2週間前に言えばしっかりと退職をさせてもらえるのですが、
会社の都合があるので遅くても2か月は前に伝えるべきです。
 
 
なぜ2ヵ月前かというと、あなたが辞めた時に穴がどうしても開くので、
新しい人材が必要とされます。都合よく、すぐ入社希望があればいいですが、
そうとも限りません。
 
 
今回は円満退職を目的としているので、ベストとしては2ヵ月以上前には、
伝えるという事です。

辞めるにあたって会社の事も考えるという事が必要になってきます。
 
 
 

会社の意向に従って退職時期を合わせる

先ほども言った通り会社にも都合がある訳で、あなたの希望通りの時期に
必ず辞めれるとは限りません、会社側が3ヵ月新しい人材が入るまで
いてくれと言われればそれに従う方が良いと思います。
 
 
新人を教えるにしても前の担当のあなたが教える方が引継ぎを
しやすいので会社側も助かります。
 
 
しかし、注意点としては会社が「少し辞めるまで期間が欲しい」と言った時に、
その期間までに新人が入らなくても期間が終われば自分は辞めるという事です。

 
 
結局の所、新人が来なければあなたは辞めれなくなるので、会社としても
そちらの方が良いはずです。会社側もそこまで人材募集に力を入れないかも
しれないので要注意事項と言えるでしょう。

 
 
 

上司より先に同僚に伝えない

上司より先に同僚に伝えてしまうと、いつの間にか上司に「あなたが辞めたがっている」
という事が漏れてしまう事があります。
 
 
思いつめた顔で上司に一番最初に退職を伝える事で、上司も自分が信用されている
人間だと思い、親身になってあなたの退職に力を貸してくれる
はずです。
 
 
ただ時と場合によっては、ブラック企業にいる上司たちはあなたが辞めると
自分の仕事での負担が増える為、何としてでも辞めさせない流れにするかもしれません。
 
 
その可能性が高い場合は他の記事でも書いた通り、強攻策に出る方が
良いかもしれません。
 
 
 

あなたの残りの有給を消化するにあたって


仕事を辞めるにあたって、有給が残っている方は多いと思います。
しかし、会社の都合により有給消化ができない事もあります。
 
 
それは会社の都合にもよりますが、あまり遅い時期に退職を
伝えると仕事が回らなくなり時には退職日までに全てを消化できない
恐れがあるという事です。
 
 
早く伝えたからと言って、職種にもよりますがシフト制の会社などでは
1ヵ月以上前には勤務のシフトを作らなければいけないので、
そこを理解した上で退職日を決めておきましょう。
 
 
円満退職をする上では、会社側が「有休を退職日までに消化しきれない」
と言ってきたとしても、そこは受け入れるべきかと思います。
 
 
 

まとめ

円満退職をする上ではどうしても自分の都合通りにはいかない部分も
出てきてしまいます。円満という言葉の意味は調和がとれていて、
穏やかであるという事です。

 
 
自分と会社の両方が円満に収まるには調和を取る為に、相手に合わせるという事が
重要になってくる為、会社側の都合にはちゃんと合わせていきましょう

そうすればトラブルもなく笑顔で退職日まで過ごす事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です