転職や退職を望んでいて、その事を親に相談できない方へ・・・

卒業したばかりの新卒社会人の方に多いのが、会社に勤めたは良いが、
ブラック企業に入ってしまい、毎日精神的に追い込まれ仕事を辞めたいと
思っているが、入社できたことを親がとても喜び、そのせいで辞めたい気持ちを
親に相談できない、または伝えれない。

 
 
現実として、そのような思いをされている方は多いのです。
新卒社会人だけではなく、
何年も会社に勤めている人もこの様な
悩みを抱えている事があります。

 
 
会社を辞めるという事や転職するといった事は、やはりどこの親も良い顔を
しません。真面目な方に多いのがいろいろと親に相談する人です。
 
 
こういった方はどうしても親の顔色をうかがう傾向にあります。
仕事を辞めたくても辞めれない、会社辞めたいと親に言えないストレスや
自分へのストレス、両方のストレスを抱えていてとても苦しい思いを
されているはずです。
 
 
 

これからは大人として自立していく事も大事です

1人暮らしをされている人なんかは、何事も自分で決めていかなければ
いけないので、親に相談する機会もあまりないと思います。
 
 
しかし、親と同居している方は家も親の所有物ですし、家庭内での主導権は
基本、親にあります。自宅で何かするときも親に聞いてみないと分からない事などが
あると思います。
 
 
何かあれば親に相談する、この子供時代からの感覚をぶっ壊さなければ自立する事が
出来ないわけです。

 
 
 

親はわが子に幸せになってほしいのです

親がいけない事をした子供に叱るという事は、親が思っているしっかりとした大人に
なって欲しいからなのです。将来、自分より立派になって欲しい、
それが親として当然の思い
です。
 
 
子供が就職先を自分で決めたとしても、それに対して親があれこれ言うのは、
将来しっかりとお金を稼げて家族を築き、子供を自分と同じく養っていって
欲しい
という思いから言います。

 
 
それを理解したうえで、あなたが今後仕事を辞めたいという気持ちが強いなら、
このまま今の職場に居続けて体調を崩すなどのリスクを伝えれば、
親はきっと辞める事を理解してくれるはずです。
 
 
例えば、今の過酷な労働条件が続けば子供ができた時に子供の面倒を見る事が
難しい、コミュニケーションをとる時間すら無くなってしまって、
夫婦や家族の関係すら危うくなる可能性もあるなど、将来の事についても
理解をしてもらいましょう。
 
 
 

昔と今とでは、働き方が変わってきている

昔は今と違い、職種も多くはありません。入社できた会社がどんなに
過酷な労働条件でも仕事をこなさなければ、いけなかった時代です。

 
 
それもあってか、親や上司が「そんな簡単に仕事を辞めてはいけない、
お前は甘えているだけだ」
と言ってきたりします。
 
 
昔は簡単に次の仕事も見つからないですし、根性で頑張ったら、
きっといい事が待っているはず、と根性論を語る人が多かったです。

こんな事を言う親達に仕事を辞めたいなんて言いずらいのは当たり前です。
 
 
しかし、今の時代は自分に合う職業を簡単に探せる時代です。例えば転職サイトなどが
簡単にスマホで見れる時代だからです。もっと言えばYouTubeなどで、
その職業ごとにどんな事をするのかも確認できます。
 
 
自分に合わない仕事をガマンし続ける時代はもう終わりを迎えています。
しっかりと自分に合った仕事見つけ、プライベートともに両立していくのが
今の時代の流れなのです。

 
 
 

ちゃんと親を理解させた上で仕事を辞めたい

仕事を辞めてすぐに次が見つかっていればあまり問題はないはずです。
親としては世間の目も気にしています。
 
 
誰かに自分の子供の職業を聞かれて、大企業に勤めていれば自慢できますが、
もし無職とかだと言いずらいものがあります。
ましてやそんな事の為に、嘘までつきたくはないでしょうから・・・。
 
 
退職をしてからあまり期間を開けずに転職先に勤められる様にする事も
親の理解を得る上で必要です。
期間が空くと親も不安になるでしょうから、
出来るだけ、在職中に転職先を見つけておく様にしましょう。
 
 
辞める事に対してなぜ辞めるのか、次はどんな仕事に就くのかなど、
聞いてくるであろう質問に対して、あらかじめ答えられる様にしておくことも
親と揉めずにすむ方法です。

 
 
 

結局最後に決めるのは自分

退職を望んでいて親に言えずに悩んでいる方は、今回がいい機会だと思って、
これからの事を自分で決めていきましょう。
 
 
何か親に隠し事をしている様で気持ちが悪いかもしれませんが、親も若い時に
仕事以外だったとしても同じ経験があるはずです。
 
 
仕事を辞めてダラダラ家にいる事は親は望んでいないので、先ほども言ったように、
次の仕事を決めてから退職する様にしましょう。
要は親に「安心感」を与えればそれでいいという事です。
 
 
あなた自身も安心だし、親の気持ちも安心させれる状況を作っておけば、
いろいろと話した結果、親と揉める事もないでしょう。
 
 
正直な所、辞めるか辞めないかはあなたの意志が重要です。
親が
「仕事を辞めるな!」と言って今の仕事を続けても、あなたのやる気が
上がる事は無いので、質の良い仕事が今後できる訳ありません。

 
 
結局、辞めたい気持ちがずっと心にあって、いずれ突発的に仕事を
辞めてしまうのがオチです。

あなたが仕事を辞めない限り、辞めたい気持ちが消える事はありません。
それを踏まえた上で、
結局最後に決めるのは自分という事であり、
いかに後悔しないように生きて行く事が大事になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です