正社員を辞めて派遣社員やアルバイトで生計をたてていこうと思った時に・・・

世の中には派遣社員やアルバイトで生計を立てている人は山ほどいます。
そんな中で正社員を辞めて派遣社員やアルバイトで働こうと思っている人も
多いはずです。
 
 
今の職場では残業が多く帰る時間も不規則・・・。
そんな悩みを抱える日本人はたくさんいます。それが原因で派遣社員や
アルバイトだと決まった時間になれば業務終了となり、それに憧れている人たち。

正社員でも残業が多く給料が少ないとそう思いたくなるのは当然です。
 
 
しかし、「将来の事を考えるとそれが本当に得なのか?」と疑問に思う事も
よくあります。今回はその疑問に答えていきましょう。

 
 
 

以前に派遣社員やアルバイトで高額の収入を得ていた

正社員のように縛られた環境がなく、責任も少ない状況で働き、
さらに高額の収入を得ていた人はその旨味(うまみ)から抜けきれません。
したがって他の会社などで正社員になってしまうと、以前を思い出し、
再び戻りたいと思います。
 
 
 

正社員と違ってゆとりのある時間を過ごせる

正社員ともなれば時間の縛りはあまりなく、アルバイトパートさんが
時間内に終わり切れなかった業務をサービス残業などで、
引き継ぐ事はよくあります。
 
 
 
ちゃんと残業として扱ってくれる職場は良いですが、お金もろくにでない
悪に満ちたサービス残業もよくあります。
 
 
上司からは「社員だからしょうがないよね」と言われても自分としては
納得がいかない事は日常茶飯事なのではないでしょうか。
こんな経験をすると「社員よりアルバイトの方が都合がいいじゃん」と、
思えたりもします。
 
 
アルバイトやパートさんからしたら、決められた時間で仕事が終わるので、
生活が苦しい場合などは、掛け持ちのアルバイトを入れたりする事が多いはずです。

始まる時間と終わる時間が決まっているので、自分のスケジュールも
組みやすくなります

 
 
反対に、これが正社員なら終わる時間もハッキリしない為、将来に向けての貯金額を
増やすための夜間のアルバイトなどもしずらくなりますね。
結局、正社員だとこういった事がデメリットとなってきます。

 
 
 

正社員は責任が重大

正社員はアルバイトやパート、派遣社員と違い責任のある仕事を
任される事が多いはずです。その重圧(プレッシャー)から
抜け出したいと思う社員も中にはたくさんいます。
 
 
工場の製造ラインなんかではアルバイトや派遣社員が多く使われています。
しかし彼らが病欠などで、突発的に仕事を休むとその穴埋めは正社員が
しなければいけません

 
 
彼らより多くの持ち場を覚える事とそれらを教える立場に
ならなくてもいけないのです。
 
 
そして簡単には仕事を休むことのできない重圧(プレッシャー)
のしかかってきます。
 
 
 

正社員を辞めてアルバイトや派遣社員になった時のデメリット(悪い点)

周囲の目や世間体を気にしてしまう

今の日本の社会ではどうしてもアルバイトやパート、派遣社員は、
正社員より世間体として下にみられます。

 
 
例え会社の都合でクビになったり、倒産したりでどうしても次の転職の繋ぎで
アルバイトをしていたとしても世間は高く評価をしてくれません。

 
 
僕としては「その人なりに今を生きているのだからどうでもいいじゃん」と
思えてきますが、世間の目は違います。
 
 
兄弟や親戚に有名な企業で働く人がいたら、周囲から必ずあなたと
比較をされてしまいます。最初は良いかもしれませんが、
時間が経つにつれて、
肩身の狭い周りを気にする窮屈な人生を
送る事になります。

 
 
 

再び正社員雇用を希望した時に不利になる

もしあなたがアルバイトなどで生計を立てていき、途中でまた正社員に
戻りたいと思った時に不利になる事を説明していきます。
 
 
なぜ不利になるかというと、正社員雇用を希望して面接を受けた時に
面接官に「なぜ正社員を辞めてアルバイトや派遣社員になったのか?」という事を
聞かれます。
 
 
 

・「前職で長く勤める気がなかったのか?」
 
 
・「すぐに辞めるつもりで前職を希望したのか?」
 
 
・「なぜ正社員で勤めていたのに辞めてまでアルバイトや
  派遣社員を望んだのか?」

 
 
 

いろいろな事を聞かれるはずです。基本的には正社員から正社員へと転職するのが
一般的です。前職の給料が少ない為とか、休日が少なく自分の時間や家族の時間が
作れなかったなど理由は様々ですが、このような理由が多い為、面接官も理解できます。
 
 
しかし、前職が正社員でない場合、社会的に地位が低い立場をなぜ選んだのかを
しつこく聞いてくるはずです

 
 
会社が倒産や転勤などであまりにも距離があり過ぎる所に転勤になり退職を望んだ
理由だったとしても、
「次も正社員に転職すればよかったのでは?」と、
一般的には思われます。

 
 
正社員を辞めた後にアルバイトや派遣社員になると必ずそういったデメリットの
部分が出てくるので、そこは理解して行動するようにしましょう。
 
 
 

給料やボーナスにおいて正社員と差ができてしまう

正社員と非正社員では仕事に対する責任や、仕事の量において大小ありますが、
その反対にボーナスなどの収入面で差があります。ここではアルバイトや
パート、派遣社員を非正社員と言っていきますが、非正社員でもボーナスが
貰える会社も中にはあります。

 
 
正社員は基本給の〇〇倍がボーナス支給額となりますが、非正社員の場合、
それほどの額は貰えないのですが、寸志(すんし)が貰えたりします。
 
 
寸志の額は会社によってバラバラですが、一か月の基本給よりかは
必ずと言っていいほど低いです。
 
 
もしあなたが車を買いたい時に欲しい車が高く、ローンを組まなければ
いけないとして、ローンを組む際に正社員であればボーナス払いで、
ボーナス時期に10万円の返済などが可能ですが、非正社員の場合、
それができない為、返済時期が延びる事もあります。
 
 
返済時期が延びるという事は、ローンによる月々の金利も増えていきますし、
その結果最終的には多くのお金が減ってしまうという事に繋がります。
 
 
近年ではボーナスが貰えない会社も数多くある為、難しい所ではありますが
やはり年間の収入などで考えると正社員と非正社員では、
正社員に軍配が上がるという事が言えます。

 
 
 

あなたが安定を求めるならやはり正社員

正社員で働いていると普通の事すぎて、あまり感覚が無い事ですが、
アルバイトや派遣社員で働くとあらためて感じる事が多いのが、

「正社員の方がやはり安定しているなぁ」と感じる事です。
 
 
急な病気、親や近い親族が亡くなった時に、突発的に仕事を休まなくては
いけない時があるはずです。そんな時、正社員であれば忌引きとして、
忌引き休暇を取りいれている会社もあれば、有給休暇扱いとする会社も
ありますが、いずれも休みながらにして給料が貰えるという事になります。
 
 
しかし非正社員のほとんどがそれらを取得できない為、やはり給料の面で
差が出てしまうという事が言えます。

 
 
会社によっては非正社員でも有給休暇を取得できる会社もあるので、
もし非正社員雇用を希望しているのであれば注意して確認をしておきましょう。
 
 
また、会社が不景気になり人員を減らさなければいけないといった時には
一番最初にリストに上がるのがアルバイトや派遣社員といえます。
 
 
最悪、急にクビになるリスクがある立場である為、「生活が安定している」とは、
言えない事がわかります。
ここでもやはり正社員に軍配が上がるという事が言えるでしょう。
 
 
 

まとめ

どうしても今の感情だけで行動や物事を起こしてしまうのが人間です。
そして今より楽な方へ楽な方へ向かいたがるのも人間の本質です。

 
 
しかし、今の感情だけで行動を起こすのは長い目で人生を考えたら、
本当に得なのか?」という事になってきます。

 
 
例え、今の会社が嫌で正社員を辞めたとしても同じような業種の正社員で
仕事を探していけば、今より優遇された環境の職場があるかもしれません。

 
 
これからのあなたの長い人生ですし、将来的に自分が有利になる
方向に向かえるように少し時間をかけてでも考えていく事を
お勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です