退職のタイミングとは

長い人生において会社を退職した事が一度もないという方は少ないです。
時にいろいろな理由で退職を決断しなければいけない時があります。

家庭の事情であったり、自身の病気であったり、
会社の雰囲気が合わず、ガマンしてきたけど続ける自信がなくなった。
イジメを受けていて精神的にツラく会社に行く気が起きない。

様々な理由でみんな退職を考え、決断するのです。
あなたも今これを見ているという事は、そのターニングポイントに
近づいている事でしょう。

 

精神的理由で仕事を辞めたいと思っている

 
最近仕事が精神的にツラい、前を向いて歩く事ができない。
常に下を向きながら、歩いてしまう。社内で人と顔を合わしたくない。
そんな事はありませんか?

僕も経験済みではありますが、かなり精神状態が病んでいる状態です。
冗談で「自分は鬱病だよ」と人に言える内はまだいいのですが、
そんな冗談すら言えない、人と話す気すら起きない、ここまで来るともうアウト寸前ですね。

同僚から挨拶をされたとしても返事が上手くできなかったりして、
仕事上においてミスを起こしやすくなったりしてしまいます。
時に相手に不信感を与える場合もあります。

 

平社員なのに責任ある仕事を毎回させられる、精神的負担が大きい。

 
得意、不得意で仕事は与えられるものではありません。時に自分の許容を超える
仕事も降りかかるのです。

時間内に仕事が終わらない、納期が間に合わない、ノルマが未達成に終わる。
無理な仕事ばかりを与えてくる。それによってメンタルがもたない。

体調不良で休むと仕事が回らない、1人が休むことによっての会社の損害が
大きい。1人の仕事の負担が大きすぎる。

このような会社に言える事はブラック企業です。フタを開けてみると、
実際は、上司や先輩が仕事を手抜きしていたりして、したくない仕事を
部下に与えてくるのも多いです。

それを見過ごす、または見ないふりをする会社が正にブラック企業と言えるのです。

社内でのイジメって・・・

 
イジメとは弱い立場の人間に対して嫌がらせする、そして集団でイジメをする。
学校でも職場でもその行為は無くなりません。
学校だと嫌になれば行かなくても僕は良いと思います。

今の時代、日本の学校で教育を受けて高校を卒業して大学に進学をして、
卒業した全ての人が30代、40代になり「幸せを感じて生きています!」
なんて言えるサラリーマンはごく僅かです。

学校だと定時制や通信制に通い、自分のしたい事や夢を見つけ
突き進んで行けばいいと思いますが、職場でのイジメではそうはいきません。

「職場に行きたくないから行かない。」

そんな事をするとひと月の税金の支払いもそうだし、車のローンなんかも
払う事がキツくなりますよね。
なので会社に依存せず副業を少しでもしていておけばいいのかなと僕は
思います

イジメをされなくても急な理由でイジメって起きてしまうんですよね。
少しでもお金を貯めておけばイジメが起きても「辞めちゃえ!!」って言って対応できますし、
急な転職も視野に入れれます。

仕事ができる人へのイジメだったり、奇麗な女性社員に対して女性同士でのイジメ、
そんなツラい思いをされているOLなんかも山ほどいます。

もし今イジメを受けている人は、その度合いなんてお構いなしに辞める準備に
取り掛かるべきです。このままあなたがこの会社にいてもあなたに対するイジメは
無くならないし、もし仮にイジメをされなくなっても、

あなたがイジメを受けていたのは事実ですし、今後あなたと同じ様に
イジメを受ける人を見過ごしていく可能性だってありますよね。
気づけばあなたが加害者になっているかもしれません。

僕から言わせれば職場の環境が悪いからイジメが起きてしまいます。
職場の環境が悪いと仕事をする量も人によって変わってきます。

ブラック企業だと特に仕事のストレスを抱える状況が多々あるので、
ストレスの発散をするために、まわりから嫌われていたり、
職場に馴染めない人がいればそんな彼らに仕事を押し付ける人が必ず現れ、
仕事の負担を立場の弱い人間になすりつけてきます

これは職場環境が悪い会社だと必ずこういった現象が起こってしまいます。
こういった事にはもうウンザリと感じている人は環境が良い会社に早く転職しない限り、
明るい未来は切り開けないのでそろそろ行動に移していかなくてはいけないですね。

 
 
 
 
職場の人間関係がうまくいかず社内であなたが孤立してしまっている悩みについての原因追求と解決策
 
会社に行く足が重くありませんか?今の精神状態大丈夫ですか?
 
精神的理由で仕事を辞めたい、生きているのがツラい・・・。
 
職場で無視され会社に行くのがツラくなってしまったら・・・

 
 
 
 
ブログランキング参加中です!!
応援のクリックをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です