新卒者の辞め時とは・・・?

あなたが生きて行く為には仕事をしなければいけません。よほど女性を落とす
技術があって、ヒモの様な生き方をしているのであれば別ですが・・・。笑

上司や親がよく言う言葉、「3年は我慢して同じ職場にいないとダメ」みたいな事を
僕も言われました。また後輩にも言った事があります。

正直な所、もし転職をしたいと思っても面接先であなたの事を知らない面接官が
履歴書を見て以前の会社を長く勤めていないのを確認したら間違いなく
その理由を質問してきます。

その時はしっかりと面接官に「以前の会社はブラック企業で長く勤める事ができず、
定年まで続けることができないと思い、早期に判断をしました。」と言うような事を
伝えればちゃんと分かってくれるはずです。
 

 

新卒1年目の新入社員が退職を決断するよくある例として

1.職場の雰囲気

新卒社員はベテラン社員に比べて、ストレスを感じやすい事が多いです。
分からない事が多すぎて些細な事でも考えすぎて、モチベーションの浮き沈みが
激しいのです。上司に怒られ、理由もあまり理解できず、ただ「はい。」と言い、
うなずく事しか許されない。

そして仕事が全くはかどらなくなる。まさに悪循環ですよね。
先輩や同期に励まされれば少しは気は楽にはなるのですが、
そんな声すらかけれない、またはかけれる雰囲気ではない職場・・・。
その様な会社にあなたは勤めてはいませんか?
 

 

2.労働時間について

最近ではブラック企業が多く定時ですんなり帰らせてくれる職場は、ほんの一握りです。
よほど不景気な会社でない限り、残業は当たり前です。
用事があって今日は残業1時間で帰らせてもらえる会社なんてものは
小さい町工場だけなのではないでしょうか?笑

あまり長時間仕事をさせられると精神的にも体力的にもキツイものがあります。
ほとんどのサラリーマンに言えますが、ストレス解消法を何かしら持っています。
タバコだったり、仕事終わりのパチンコだったり最近ではスマホのゲームアプリなんかが
多いのではないでしょうか。
女性だと女子会やショッピングなんかがそれにあたりますね。

ただあまり労働時間が多いという事はそれらの息抜きをする時間が無くなるという事です。
給料が高いので労働時間は我慢する。とは言っても、あなたがいつまでも若いという事は
ないので、年齢を重ねるとどうしても長い労働時間は苦痛でしかありません。

周りのベテラン社員が長時間残業をしていて笑顔がほとんど無いのであれば、
あなたもそうなるのは時間の問題です

 

 

3.今だけの感情で「辞めたい!!」と思っていませんか?

サラリーマンをしているとどうしてもストレスは溜まってしまうものです。
意見の食い違いで、同僚や上司と意見が合わない事なんてよくあることです。

新入社員だと自分の意見なんて言えないのが普通で、どうしても立場が上の人間に
従わなくてはいけません。
感情のコントロールに悩みを抱える方も多いはずです。

不満が爆発して同僚や上司と言い合いになり、気まずくなったりして
次の日から出社してこない人もいます。

でもそんな事は人間同士なのでごく当たり前の事です。
夫婦喧嘩も同じで目標に対してみんな良いゴールを迎えたいから、
いい方向になるように頭で考え、意見を言い合うのです。

しかし、ロボットなら意見の食い違いも無いですがどうしても、
人間同士だと頭の中は百人十色、どうしても衝突はさけられないのです。

もし今、このような状態なら少し引いた位置で仕事をするのも良いですね。
今の感情だけを優先せずに一歩引いた視点から物事を見ていく事をお勧めします。

 

 

最後に部署の移動ができるかどうか?

 

下手に仕事を転職すると仕事選びだったり、面接の準備をしなければいけません。
意外とそれらも楽ではありません。もし、退職せず今の職場で働けれる状況なら
楽ですよね。

あなたを採用したはいいが、あなたの能力が最大限発揮できる部署ではないかも
しれません。そこまでは採用の時にはわかりません。

人には適正と言うものがあります。どれだけ努力をしたとしても
向き不向きがあるのです。

体を動かすのが得意な人もいれば、頭を使う方が得意と言う人もいます。
聞きずらいとは思いますが上司に部署の移動を聞いてみるのも
また一つの策ではあります。

僕がブラック起業とサヨナラすることができると確信した理由はこちら

あなたは暗黙の了解(会社の雰囲気)の名の元、サービス残業や断る事ができない会社内の飲み会に参加したり、尊敬できない上司に毎日ペコペコ頭を下げて日々、ストレスを溜めまくっていませんか?

 

僕は毎日のように昼の休憩時間をまともに取れていませんし、まわりの同僚は休憩時間なのに必死で作業に追われている・・・。実際、僕も休憩せずに働いている事がほとんどです。

 

季節の変わり目などの体調が崩れそうな時期になると、風邪のひきはじめで熱があるのに頑張って会社に来る社員がほとんどで、会社を急に休んだら休んだで次に出勤した際に「体調は良くなったのか?」ではなく、言われる言葉といえば・・・

 

 

「熱が出ようが何だろうが会社に出社するのが当たり前だろう!大人なんだから!」

みたいな言葉が飛び交います・・・。

 

「え!?」笑

 

 

「熱があって、歩く事も困難でいけません!」なんて言えないし、

「もっと言えば、風邪ひているのに会社にいったら風邪を誰かにうつしてしまいます!笑」

 

なんて事も言えるはずがないというのが本音。そんな僕の思いも通じず、例え熱が高かろうが僕も同僚もまた会社に行ってしまうのですが・・・。だって会社を休んだら白い目で皆さんから見られてしまいますからね。そりゃ会社に行くでしょ。笑

 

どうですか?あなたも似たような会社で働いていませんか??このようなまともじゃない会社に今後も居なければならない、これからもずっと地獄のような日々が続いてしまう。ふとそんな時に自分の将来を考えたら、なりたくもない目の前の上司の姿が未来の自分であると気づきつつも現状を打開する方法がわからず、だらだらと約10年もの間、僕は毎日を過ごしてきました。

 

 

このままではいけない!と、頭では理解していても地獄から抜け出す道は

簡単には見つからず、いつのまにか30代も後半に近づき

転職の機会すら逃してしまいました・・・。

 

 

転職のピークも過ぎ、このまま行ったら自分は会社の駒として使われっぱなしで人生が終わるという絶望感で恐怖しかありませんでした。そんな時、自分よりさらに束縛された状態でありながら副業で月70万稼いだ知人から

そんな生活していたら人生が台無しになっちゃうからさっさと会社やめた方が良いよ。この動画を見るだけでも人生変わるし、それこそブラック企業で働いてることが超もったいなく思えてくるから』と言われ、僕はその動画を見てみることにしました。

 

 

その結果ですね・・・

 

 

一体自分は今まで何をやっていたんだろうという後悔と、ともに自分が働かずして収入を上乗せできる方法やさらには、周囲の人間を簡単に幸せにできる方法がある事に気付かされ自分の心に衝撃が走った事を今でも覚えています。

居ても経っても居られなくなった当時の僕は、動画で解説されている事を実践した結果、あっという間に月3万円を稼げるようになり、残業を減らす事に成功しました。

今、あなたがどんなにつらい状況だったとしても、現状を脱却できる知識を身に付け、日々、身の回りの環境を整えていけばブラック企業を脱出することは十分に可能です。

こちらの記事で僕が視聴したセミナーやブラック企業を脱出する方法を教えていただいた方について解説しているので、あなたも僕と同じようにブラック企業を脱出して自由に生きたい!!!と思うのであれば読んでみてください^^

↓↓↓

 

ブラック企業を抜け出し週休3日以上の人生を手にする不労所得戦略動画プレゼント!

2019.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です