会社に行く足が重くありませんか?今の精神状態大丈夫ですか?

現在の日本ではブラック企業が数多く存在しています。自分の夢だった仕事に

就けたのであれば、例え仕事がハードな状況でもやりがいを感じ日々、

やる気をもってこなせる事でしょう。

 

実際はそんな人ばかりではないのが現実です。

 

 

 

 

今のあなたのメンタル大丈夫?通勤時に吐き気がするほど会社に行きたくない現状

 

 

社会人生活が長くない新卒新入社員にとっては、特に他の会社を知らない為、

社会人とはこんなものなのかと錯覚して上司や先輩の行動を真似したり、

助言や指示に全て「イエス」と答えてしまう事がよくあります。

 

したくもない仕事を嫌いな上司に押し付けられ、理不尽な要求を

されたりする事もしばしばあります。

 

そんな中で、自分の感情を日々殺してしまっていると精神状態が

不安定になっていきます。

 

気づけば通勤中の電車の中で最寄りの駅に降りず、このままずっと

電車に乗ってどこか遠くに連れてってくれなんて思う方も多いのでは?

会社に近づくにつれて吐き気がしたり、手が震えてしまう方もいます。

時には仮病を使って会社を休む人までいます。

 

しかし多くのブラック企業は社員一人すら休むと会社が上手く回って

いかないのが現実としてあります。

 

高熱がありながらも仕事だから仕方がないと言って出社している社員を見ると

自分が熱を出しても出勤しなければいけない雰囲気になったりします。

 

体が動く範囲であればそれはいいでしょうけど、倒れる寸前まで放置する

会社がほとんどではないでしょうか?

 

そんな事を繰り返すとストレスが溜まり、最悪には鬱病になったり、

不眠症になる事もあります。

そうなってからでは遅いのです。

 

 

 

 

上司が毎年変わってしまう会社・・・。

 

課長や部長が毎年転勤で変わってしまう。こんな会社にあなたはいませんか?

嫌いな人が転勤してくれるのはありがたい事なのですが、上司が変わる事により、

社内の方針が変わる事があります。

 

方針が変わるという事は、モチベーションの低下にも繋がります。

営業をする会社ではその営業のやり方さえも変えてくる上司もいます。

 

みんながそのやり方に賛成ならそれは良いですが、やり方が合わない人は、

その人達で陰口を言い合い、時には派閥なんかも生まれます。

 

新人はその派閥により接し方も変えなければいけない為、いろいろとストレスが溜まり

疲れてしまいます。

 

それなのに「モチベーションを上げて仕事しろ!」

なんて言われたときには、まずは「モチベーションの上げ方を教えろよ!」と、

思いたくなるものですよね。笑

 

 

 

今は善良な会社でも不景気によってブラック企業化していく事もある

例えば大手の会社から仕事を貰っている小さな会社だと、大手の会社から貰う

仕事しかしていない場合があります。

 

そんな時は大手の会社の景気の影響をもろに受けるので、前年度はボーナスが

あったけど、今年は減額やボーナスカットなどされたりする事もあります。

更に言えばその流れでリストラなんて事もされかねないのです。

 

自分は20代前半の頃にリストラされた経験があります。

その時は製造業にいましたが、その会社はある日を境に外国人を雇う事にしました。

正直、外国人は給料も安く、上司の命令は全て「イエス」で答えます。

 

外国人を雇って1年ほど過ぎたある日、僕は上司に呼び出されて、

 

 

「一番若いからすぐに転職できるだろう。分かってくれ」

 

 

みたいな事を言われリストラを告げられました。正直社内では一番歳も若く、

実家暮らしで未婚ですから、第一候補になるのは当然です。

ただ、まさかこの歳でこんな宣告を受けるとは思いもしませんでした。

 

残業がほとんど無くなり不景気なんだなとは思ってはいましたが、

月給10万円も満たないボーナスを払わなくて済む外国人に僕は負けたんです。

これが会社の利益主義というやつです。この時僕は感じました。

 

会社は川の流れみたいなもので、水量が増すと流れが速くなるのと同じで

勢いがあるうちは良いですが、それが止まると静かな流れになっていきます。

あまり会社に依存するのも良くないなと、この時から考える様になりました。

 

 

 

モチベーションが完全に低下した時が一番仕事を辞めたくなる時です。

まずモチベーションとはやる気みたいなもので、モチベーションが低下している状態で

仕事をすると、違う事を考えながら仕事をしてしまい、仕事上のミスなどが生まれます。

更にはそのミスで上司に怒られるなどして、更にモチベーションが下がります。

 

 

「最終的になぜ今この仕事をしているのか?」

 

「自分がこの作業をする必要があるのか?」

 

 

など、目的や意味すら分からなくなっていきます。理解して今の作業に

取り組めていればいいのですが、ただ指示に従い作業しているのであれば

そうなるのは必然的です。

 

でも給料を貰わないと生活ができなくなるので仕方なく、やりたくない事も

しなければいけません。

 

それを一生しなければいけない、「こんな地獄は早く脱出したい」と思い、

仕事中に「どうやったら今の仕事を辞められるのか?」などを考えて、

どんどん意識が退職の流れに向かいます。

 

そして、完全にモチベーションがなくなり気づくとスマホで転職サイトを

見てしまうのです。

 

余談ではありますが、プロスポーツ選手なんかで言えるのは、

例え、厳しい世界でもモチベーションが下がらずに取り組めるのは、

 

好きな事を仕事にしていたり、頂点を目指す事による目的意識が、

そこにはあるからです。

 

最近では国内外でも、現役の選手または元プロスポーツ選手が引退後に

体の衰えや、トップアスリートとの能力の差で悩み、目的意識が薄れ

 

やりがいや、やる気を失いモチベーションを維持できなくなり

刺激を求めての行動を取ってしまい、ほんのごく一部の人達ではありますが

薬物や犯罪に手を染めたりするのも現実の話です。

 

警察官の方などもたまに犯罪で逮捕されたりしていますからね。

入りたての頃は、自分が犯罪を犯す側になるなんて思ってもみないでしょうしね。

モチベーションを維持するってのは本当に難しい事なんですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です