もしも試用期間中に会社を辞めたくなったら・・・

まず初めに試用期間とは何か??

試用期間って実際、どういった事なのかわからない方も多いでしょう。
まずは、その意味から説明していきます。
 
 
分かり易く説明すると、会社側は面接時にあなたの学歴や職歴と
アピールポイントをあなたから聞いて採用しています。
 
 
しかし、その短時間ではあなたが本当にこの会社でやっていけるのか?
という事はわかりません。ですので見極める期間(お試し期間)を設けて、
あなたが本当にこの会社で長期に働けるかを判断していきます。
 
 
会社側も本採用を前提として行っているので、基本はあまり仕事が
できないからと言って急にあなたがクビになったりはしません。

 
 
 

試用期間はいつまで続くの?

日本の全部の会社が試用期間を設けている訳ではありません。その為、
法律によって定める義務がないので会社によっては無い所もあります。

 
 
基本的には2ヵ月から半年の会社が多いです。その間にあなたがこの会社での
適性があるか、ないかの判断を会社はします。
 
 
会社もあなたに長く勤めてほしいので、試用期間が終わるころに
「これからも仕事を続けられそう?」と聞いてきます。
 
 
もしあなたが、会社に馴染めていなかったり仕事内容が自分に
合わないなど、嫌々ながら仕事を続けてもらっても
会社は得をしないので困ってしまいます。
 
 
そんな人が会社にいても、すぐに辞められてしまうか、業務上の
ミスをされてしまうかのどちらかです。

 
 
「本当にこの職場合わないな・・・。」とあなたが思うなら、
それを上司に伝えましょう。中途半端な気持ちで仕事を続けても
いずれ辞める事になるので、言うなら試用期間中にケリをつけて
しまいましょう。

 
 
 

試用期間中に解雇(クビ)になる事はありますか・・・?

試用期間だからと言って通常の雇用となんら変わりはないので、
正当な理由が無い限りは解雇(クビ)はありません。
思ったほど会社の即戦力にあなたがならないと思われても、
解雇にする事はまず無い事が言えます。
 
 
それは解雇の正当な理由にならないからです。ただ、あなたの
勤務態度がよほど悪かったり、遅刻や無断欠勤が多い場合は、
最悪の場合、クビになる事がありえます。
 
 
会社側の本音を言うと、態度が悪かったり、まともに出勤してくれない人は
戦力と認めていないので、早期に退職させ次の新たな戦力を求めにいきます。
 
 
 

辞めるか辞めないかの判断について

まだ本採用になっていないけど、「仕事が合わない」「決められた時間内に
仕事を終わらせれない」
「職場内でイジメを受けている」など理由は様々ですが、
仕事を辞めたくなる事が試用期間中にあります。

 
 
決してこれは、間違った事ではありません。会社に入る前のイメージと
入った後の想像とは違う現実があるからです。

 
 
「仕事が合わない」場合は、まだ新入社員の為、慣れない仕事が体に
馴染めていない事が理由としてあります。かけ算や割り算のように、
始めは暗算できなくても時間と共に慣れてきて、できるようになります。
 
 
もし試用期間が終わるころになっても、まったく仕事が馴染めず、
入社した時からスキルが全く上がらず、「決められた時間内に仕事が
終らせれない」
ような状況が続いているなら、あなたがこの職場への
適正がないと思われるので、それを正当な理由として辞める事ができます。

 
 
「職場内でイジメを受けている」場合は、上司にその事を伝えなくても
良いと思います。仮に言ったとしても、更に悪い状況になる可能性が
ある為、最悪、嘘をついてでも早期に退職届を提出しましょう。
 
 
ただ、新入社員を可愛がっているだけかもしれないので、そこは慎重に
見極めていきましょう。度が行き過ぎて、あなたにしたらイジメにしか
思えないのであれば別です

 
 
 

正社員(本採用)になった後では簡単に退職できない

もしあなたが会社を続ける自信がなくて、辞めるか辞めないかを
悩んで答えが出ないまま試用期間が終わると問題が起きてしまいます。
 
 
そのまま本採用になってから、やっぱり辞めようと思っても、
配属先の異動やあなたのこれからの業務について話合われていて、
あなたの為に多くの人間の時間が費やされています。

 
 
急に辞めると言われても簡単には辞めさせてはくれないでしょう。
動き出した列車が簡単に止まらない様に、あなただけの為に、
会社も簡単には立ち止まってはくれません

できるだけ本採用になる前に答えを出さなければいけません。

 
 
 

試用期間中に退職すると転職がしづらい?

基本的に試用期間中に辞めたからと言って、転職しにくい事はありません。
いくつかの会社で試用期間中に辞めてばかりだと、次に行きたい会社の
面接の時に「この会社に来てもすぐ辞めてしまうのでは?」と、思われても
仕方がありません。
 
 
一度くらいなら試用期間中に辞めても問題はありません。
「残業時間が多くて体がもたない」や「サービス残業が多すぎる」、
「仕事がついていけず、同僚に迷惑をかけてしまっていた」などの
理由が明確であれば問題はないと思います。
 
 
 

いつか辞めようと思っているなら、早い方が何かと得

何か理由があって、退職しようか迷っているなら少し時間をかけて
どうするか考えた方がいいですが、
「この会社自分に合わないな・・・」と、
思っていてそのうち辞めると心で決めているなら早い方が有利です。

 
 
先ほども言った通り、本採用が決まった後では辞める事が難しいです。
いつか辞めようと思っていても、結局ずるずると働いてしまう事が
よくあるからからです。
 
 
そのまま働いていても問題はないと言えばないのですが、いざあなたが
辞めようと思った時にネックになるのが年齢です。
 
 
年齢が左右する職場も中にはあります。販売業などでは年齢に関係なく、
実力が必要になってきますし、体力が必要とされる職場では、
若い方がどうしても有利になります。
 
 
結局は若い人の方が仕事を覚えるのも早いですし、即戦力になりやすい
という事が言えます。もしあなたが会社を辞める年齢が遅ければ遅いほど
転職先の幅が狭まるとは思いませんか?

 
 
実際に面接官をしていた人が良く言うのは「もう少し若ければ採用
していたのになぁ」という話もよく聞きます。
 
 
 

まとめ

会社に入社できたからといって、やる気がずっと続くわけではありません。
どうしても自分の思いどおりのパフォーマンスができなかったり、
職場の雰囲気に合わす事ができない、親身に相談できそうな先輩が
いなかったりと、想像とは違う現実が時には待ち受けています
 
 
そんな中で会社を辞めたくなったりする事も多々あります。
少しでも自分を気にかけてくれる先輩や上司がいれば、
モチベーションがそこまで下がる事はありませんが、
 
 
そんな人がいなければ、下がっていくモチベーションを止める事は
まず不可能です。「仕事を辞めたいな」と、思っても相談できる
環境ではないので余計に辞める事に対して拍車がかかります

 
 
雰囲気の良い会社というのは、一週間もいれば見えてくるので、
試用期間中に「辞めたい」と、あなたが感じたならば、
あなたの人生なのだから辞めてもいいと思います。
 
 
先ほども言いましたが、辞める事を心に決めたなら早めの決断を
しましょう。少しでも無駄な時間を過ごさない事も人生において
とても重要な事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です