タバコの値上げが正式発表され合計150銘柄が2018年10月1日に値上げ開始

 
みなさんは2018年10月1日からタバコの値上げが始まるのはご存知でしょうか⁈
 
 
 
「マジか!?」
 
 
 
「買いだめしなきゃ!」
 
 
 
そんな声もよく耳にしますよね。
 
 
タバコを吸うのをやめたいなと思う人もたくさんいるんじゃないでしょうか??
 
 
僕はプルームテックが発売されてからプルームテックを吸ったり普通のタバコを吸ったりと中途半端な事をしていますが・・・。笑
 
 

いずれはタバコを辞めたいのですけどね!笑
 
 
みなさんはどうお考えですか?
 
 
今後も喫煙し続けるのか、そうでないのか?
 
 
今日はタバコの値上がりについてお話ししていこうと思います。
 
 
 

タバコの代表的な銘柄別の値上げ

 

 
(紙巻タバコ)

・ナチュラル アメリカン スピリット         480 円 → 520 円
・セブンスター、ピース(20 本入)         460 円 → 500 円
・メビウス                     440 円 → 480 円
・ピアニッシモ                   450 円 → 480 円
・ウィンストン、ハイライト             420 円 → 450 円
・キャメル                     380 円 → 400 円
・ホープ(10 本入)                230 円 → 250 円

・マールボロ                    470円→ 520円
・ラーク                      420円→ 470円
・パーラメント                   450円→ 500円
・バージニアエス                  450円→ 500円

・ケント                      420円→ 450円
・クール                      450円→ 480円
・ラッキーストライク                460円→ 500円
・ダンヒル                     460円→ 500円
・JPS                      420円→ 460円

 
 
 
(加熱式タバコ)

・プルームテック                  460円→ 490円
・アイコス                     460円→ 500円
・グロー                      420円→ 460円
                          450円→ 490円

タバコの値上がりで年間いくらくらいの差がでるの??

 

誰もが知っているセブンスターがついに販売価格500円に到達

 
みなさんご存知のセブンスターがついに500円の大台にのっちゃいました・・・。
 
 
僕の周りでもセブンスターを吸っている人がいますが、タバコ2つ買うだけで1000円札が飛んで行きますね。
 
 
昔はタバコをカートン(10箱)で買ったりしましたが、もう10年近くそんな買い方はしていません。
 
 
家に予備タンク(カートン)があると思ったら残りの本数なんか全く気にせず昔は吸っていたもんですけどね。笑
 
 
タバコが500円になったら1日1箱吸う人間なら1ヶ月で15000円の出費ですからね
 
 
タバコやめたら普通に美味しい焼肉屋さんに行けちゃいます・・・。笑
 
 
 

 
 
 

1日1箱吸う人の年間の差額

 
先ほどもお話しした通り、セブンスターの例をあげると1日にタバコを1箱吸う計算で10月からの価格改定後はひと月に15000円がかかります。
 
 
今までは、460円で買える事ができたので1ヶ月13800円です。これは1日1箱計算なので、1日にめちゃくちゃタバコを吸うヘビースモーカーの人だと値上げが特に財布に響いてきますよね。
 
 
話を戻すとセブンスターの値上げは1箱あたり40円なので1年は365日なので40円を365日で掛け算してみると、その差は14600円です。
 
 
「たいして変わらないじゃん」と思う人はそれまでだし、
 
 

「意外と差額分が大きい」と感じる人はタバコをやめる努力が必要になってきますよね。

 
 
 

タバコをやめればかなりの金額を年間で節約できる

 

みなさんは年間いくらタバコにお金を使っているか知っていますか??
 
 
実際僕も調べたことが無かったのですが、調べて思った事が一つ・・・。
 
 
タバコやめれば普通に旅行に行けるくらいの金額を貯金できることがわかりました!笑

 
 
簡単に説明するとセブンスターの購入代金500円で計算してみます。先ほども計算しましたが価格改定後のセブンスターを一か月分買うと500円を約30日分なので15000円が月にかかってきます。
 
 
これを一年間(12ヵ月)とすると年間180000円タバコに使う事になりますよね。計算してみると気づくんですがとても高いですね・・・。
 
 
高卒の社会人一年目の総支給額より下手すれば高いかもって思ってしまいます。
 
 
普通に日本国内どこでも旅行に行けるくらいの金額なんですよね。つか安い海外ツアーなんかも行けるだろコレって思いました!笑
 
 
お金の話ばかりになりますが10年仮にタバコがこの値段だとして10年あなたがタバコをやめたら180万の節約になるので軽四の新車くらいは簡単に払えます
 
 

これを見てタバコをやめるかやめないか、あなたはどうします?笑
 
 
 

そもそもなんでタバコの金額が上がっちゃうの?

 

タバコの金額が上がるのは増税が理由です。日本の経済状況が右肩上がりなら問題はありませんが、実際はそうではないので国の収入を増やす為、税率アップが必要とされます。
 
 
2019年10月に消費税の増税もされる予定ですが、消費税を上げると国民全体の批判が集中されますがタバコの増税については喫煙者からしか批判を受けないので国としては上げやすい税金ではあります。
 
 
いずれタバコの金額が1000円を超えるなんてのもよく耳にしたりしますよね。
 
 
さすがに僕もタバコの金額が1000円を超えるとさすがにもう吸わなくはなりそうですけど・・・。

 
 
 

世界中でのたばこの価格(マールボロの価格・ランキング別)

 
1位オーストラリア(2218円)
2位ニュージーランド(1942円)
3位アイルランド島(1841円)
4位マルタ(1714円)
5位ノルウェー(1536円)
6位セーシェル(1401円)
7位アイスランド(1367円)
8位イギリス(1355円)
9位グリーンランド(1353円)
10位ケイマン諸島(1231円)
11位 ニューカレドニア(1183円)
12位 カナダ (1167円)
13位 ジャージー (1112円)
14位 シンガポール (1075円)
15位 イスラエル (1048円)
16位 フェロー諸島 (1033円)
17位 キプロス (1028円)
18位 キュラソー島 (945円)
19位 スイス (938円)
20位 フランス (933円)
 
 

こう見てみると日本は安い方なのかなと感じますよね。ちなみに日本のランキングは51位でした。

 
 
 

さいごに

 

正直この記事を書いていてやっぱり思ったのが禁煙しなければという事。
 
 
10年で180万をタバコに使っていると思うとちょっと馬鹿らしくも思えてきます。
 
 
でもタバコが大好きなんですよね僕は・・・。
 
 
最近プルームテックに変えましたが少しでもタバコの依存度を減らそうとの思いから加熱式に変えました。
 
 
みなさんもいずれタバコをやめようかなと思っているなら、自分の出来る事から少しづつでもいいので始めてみるのも良いと思いますよ。

 
  
ブログランキング参加中です!!
応援のクリックをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【副業で稼ぎたい方向け】僕がブラック起業とサヨナラすることができると確信した理由

始めて副業する方も副業で失敗した経験がある方も要必見!

 

なぜ副業が成功しないのか?

 

これは、副業する人にとって
一番の問題であり、課題です。

 

◇できる事なら社畜から抜け出したい

◇ブラック企業で働くのはもう嫌だ・・・

◇収入源を増やして今の職場より労働環境が良い職場に転職したい

◇脱サラして嫌いな上司とサヨナラし自由な世界を手に入れたい

 

 

でもどうすれば・・・?

 

 

その答えは『成功者から学ぶ事』これ一択です。あなたの上司は会社を辞める方法を教えてくれますか?収入源を増やす方法を教えてくれますか?教えてくれませんよね?

 

なら答えは簡単、その答えを知っている人から学ぶ以外、方法はないという結論に辿り着きます。

 

「副業で稼ぎたい!」と思った人がいるとして、独学で稼ぐ方法を勉強するより稼いでいる人の背中を追いかけ、真似をした方が最短で『副業で稼ぐ』というゴールに向かえると思いませんか?

 

※詳しい事は、下記にある僕の公式LINE社畜を抜け出す教科書に詳細があるので興味がある人だけ足を運んでみて下さい!

 

副業初心者にオススメ
↓↓↓


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA