ブラック企業の定義は何?その特徴とは? 厚生労働省が教えるブラック企業とは?

ブラック企業に在籍していると、全てにおいてツラいのは
働いている本人が身に染みて分かる事ですが、

実際の所、その定義や特徴について分かっている人は少ないはず、
その部分について今回は解説していきます。

「特徴」と「定義」の違い、あまりみんなが分かっていない事

まず初めに、特徴とは?

他と比べると目立っている部分や、際立った部分を指します。

車の軽自動車の特徴で例えると、普通車より燃費が良い事だったり、
維持費が安い(税金が安い)事、狭い路地でも小回りが効く事を指します。

では、定義とは?

「○○とは・・・・・である」みたいな時に、用いられます。

簡単に言うと、車とはハンドルを操作して動かす乗り物である。
みたいにすると分かり易いですね。

日本の労働環境の決まり事を決めている厚生労働省

夜のニュースなどで聞いたりする機関ですが、分からない方も多いはず。
まずは厚生労働省について調べていきましょう。

厚生労働省

国の行政機関の一。社会福祉・社会保障・公衆衛生や労働問題・労働者保護・雇用対策などの事務を取り扱う。外局として中央労働委員会がある。2001年(平成13)厚生省と労働省を統合して発足。厚労省。

(引用元: 「コトバンク」)

上記を見て、良く分からない方も多いかも知れませんが、厚生労働省とは、
労働者が適切な条件下で働けるような環境作りを定めている所」と
思って下さい。

 

厚生労働省が教える「ブラック企業」とは?

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、
一般的な特徴として、

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

などと言われています。

このような企業に就職してしまった場合の対応としては、第一義的には会社に対して問題点の改善を求めていくことが考えられます。

しかしながら、新入社員が単独で会社に問題点の改善を求めて交渉等をするのは現実的には非常に難しいと考えられます。したがって、問題点に応じて、外部の関係機関や労働組合に相談することも有効な手段と考えられます。

引用元:厚生労働省

実際に「ブラック企業」というのは曖昧な部分が多い為、
厚生労働省としても定義を明確にはしていません

ただ、国の行政機関が、ブラック企業の特徴を知っているのなら、
もう少し現場の声に耳を傾けて、もっとブラック企業を
減らす努力をしてほしいと思います。

まとめ

いくら法律を増やしても、取り締まりを強化したとしても
犯罪が一向に無くならないのと同様にブラック企業がこの日本から
無くなることはほぼ無いと自分は思っています。

もし、あなたもブラック企業が無くならないと思いながらも
今の会社に依存してしまっているなら、
ブラック企業を自分から無くす努力をした方が得策かもしれないですね。

僕がブラック起業とサヨナラすることができると確信した理由はこちら

あなたは暗黙の了解(会社の雰囲気)の名の元、サービス残業や断る事ができない会社内の飲み会に参加したり、尊敬できない上司に毎日ペコペコ頭を下げて日々、ストレスを溜めまくっていませんか?

 

僕は毎日のように昼の休憩時間をまともに取れていませんし、まわりの同僚は休憩時間なのに必死で作業に追われている・・・。実際、僕も休憩せずに働いている事がほとんどです。

 

季節の変わり目などの体調が崩れそうな時期になると、風邪のひきはじめで熱があるのに頑張って会社に来る社員がほとんどで、会社を急に休んだら休んだで次に出勤した際に「体調は良くなったのか?」ではなく、言われる言葉といえば・・・

 

 

「熱が出ようが何だろうが会社に出社するのが当たり前だろう!大人なんだから!」

みたいな言葉が飛び交います・・・。

 

「え!?」笑

 

 

「熱があって、歩く事も困難でいけません!」なんて言えないし、

「もっと言えば、風邪ひているのに会社にいったら風邪を誰かにうつしてしまいます!笑」

 

なんて事も言えるはずがないというのが本音。そんな僕の思いも通じず、例え熱が高かろうが僕も同僚もまた会社に行ってしまうのですが・・・。だって会社を休んだら白い目で皆さんから見られてしまいますからね。そりゃ会社に行くでしょ。笑

 

どうですか?あなたも似たような会社で働いていませんか??このようなまともじゃない会社に今後も居なければならない、これからもずっと地獄のような日々が続いてしまう。ふとそんな時に自分の将来を考えたら、なりたくもない目の前の上司の姿が未来の自分であると気づきつつも現状を打開する方法がわからず、だらだらと約10年もの間、僕は毎日を過ごしてきました。

 

 

このままではいけない!と、頭では理解していても地獄から抜け出す道は

簡単には見つからず、いつのまにか30代も後半に近づき

転職の機会すら逃してしまいました・・・。

 

 

転職のピークも過ぎ、このまま行ったら自分は会社の駒として使われっぱなしで人生が終わるという絶望感で恐怖しかありませんでした。そんな時、自分よりさらに束縛された状態でありながら副業で月70万稼いだ知人から

そんな生活していたら人生が台無しになっちゃうからさっさと会社やめた方が良いよ。この動画を見るだけでも人生変わるし、それこそブラック企業で働いてることが超もったいなく思えてくるから』と言われ、僕はその動画を見てみることにしました。

 

 

その結果ですね・・・

 

 

一体自分は今まで何をやっていたんだろうという後悔と、ともに自分が働かずして収入を上乗せできる方法やさらには、周囲の人間を簡単に幸せにできる方法がある事に気付かされ自分の心に衝撃が走った事を今でも覚えています。

居ても経っても居られなくなった当時の僕は、動画で解説されている事を実践した結果、あっという間に月3万円を稼げるようになり、残業を減らす事に成功しました。

今、あなたがどんなにつらい状況だったとしても、現状を脱却できる知識を身に付け、日々、身の回りの環境を整えていけばブラック企業を脱出することは十分に可能です。

こちらの記事で僕が視聴したセミナーやブラック企業を脱出する方法を教えていただいた方について解説しているので、あなたも僕と同じようにブラック企業を脱出して自由に生きたい!!!と思うのであれば読んでみてください^^

↓↓↓

 

ブラック企業を抜け出し週休3日以上の人生を手にする不労所得戦略動画プレゼント!

2019.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です