あなたの会社も!? 「第6回ブラック企業大賞2017」について!!

2017年末に「第6回ブラック企業大賞2017」が発表されました。
 
 
 
ブラック企業大賞
株式会社引越社、株式会社引越社関東、株式会社引越社関西

 
 
特別賞
大成建設株式会社、三信建設工業株式会社

 
 
業界賞
新潟市民病院

 
 
ブラック研修賞
ゼリア新薬工業株式会社

 
 
ウェブ投票賞
日本放送協会(NHK)

 
 

ノミネート企業一覧

ゼリア新薬工業株式会社
コンドロイチン(関節痛、腰痛に効く)や、ヘパリーゼ(弱った胃腸をサポートしてくれる)などを販売している会社。

2013年に入社した男性社員(当時22歳)が新人研修の際に自殺しました。
ゼリア新薬が委託をして、ビジネスグランドワークス社が
新人研修を行っていたようで、
新人研修の際、「強い心理的負荷」を受けて自殺に追いやられたそうです。
2015年に労災認定。

 
 
株式会社いなげや
関東地方を中心に100店舗以上営業しているスーパーマーケットの会社。
当時42歳の男性チーフが2014年6月に脳血栓により亡くなった。

2014年5月に勤務中に突然ろれつが回らなくなり緊急搬送され、同年6月2日には
職場復帰したものの数日後の5日夜、倒れているところを
同店の駐車場でお客さんが発見し、意識が無い状態で同月21日に
脳血栓でお亡くなりになりました。

無くなった方の過去の平均残業時間が75時間とかなり多めで、
中にはサービス残業(タイムカードに反映されない時間)もされていたようで
接客業務は精神的に負担がかなり多い為、相当キツイ業務を
こなしていたと思われます。

 
 
パナソニック株式会社
誰もが知っている、家電業界トップのパナソニック。
そのパナソニックデバイスソリューション事業部富山工場で
2016年6月に40代男性社員が自殺。
同年5月の残業時間が100時間を超えていた事が分かった為、
労働基準監督署は過労自殺を認定した。

 
 
新潟市民病院
1973年に設立された新潟県にある公立総合病院。
2016年1月、30代の女性研修医の方が
かなりの長時間労働を強いられ、多い時には
250時間以上の残業をひと月にしていたようです。
長時間労働による過労で労災認定されました。

 
 
日本放送協会(NHK)
紅白歌合戦の放送で知られる日本放送協会(NHK)、
2013年7月、30代の女性記者がうっ血性心不全で死亡。

労働基準監督署の調査によると月の時間外労働が150時間を超えていたという。
深夜業務や十分な休日確保ができておらず、
精神的、肉体的にもかなりの負担が掛かっていたそうです。

女性の過労死事件があった事をNHK側は公表しています。

2014年には過労が原因と認定され労災認定されました。

 
 
株式会社引越社、株式会社引越社関東、株式会社引越社関西
全国で「アリさんマークの引越社」として荷物の運搬等を行う会社です。

同社の男性社員(営業職)をシュレッダー係に配転させたり
懲戒解雇の際、「罪状」と記載し男性社員の顔写真を全従業員が目にする
社内報に掲載したとの事。

 
 
大和ハウス工業株式会社
アパートなどでよく目にするマークでおなじみの国内最大手の
総合住宅メーカーである大和ハウス工業株式会社。

2017年に20代男性(営業職)が、違法な時間外労働が
あったとして、労働基準監督署から同社は是正勧告を受けている。

2011年にも労働時間において是正勧告を受けていて
一定の時間を超えると社内を消灯させ、社員を業務終了させる等の
長時間労働に対する対策は行われていました。

しかし、男性社員は業務を多く課せらていた為に仕方なく
会社には隠れて深夜まで残業していたようです。

酷い時には、月100時間越えの月もあり
長時間労働により男性社員は鬱病を発症し退職。

 
 
大成建設株式会社、三信建設工業株式会社
東京オリンピック、パラリンピックのメインスタジアム
「新国立競技場」の元請け企業。

三信建設の20代新人男性社員が自殺。
かなりの長時間労働を強いられていて労働基準監督署は
過労が原因とし、労災認定しました。

自殺した男性社員の亡くなる前の月の残業時間は、
190時間もあったという。
東京労働局は「新国立競技場」建設において、
関係する会社、約760社を調査したところ
37社で違法な時間外労働が確認された。

 
 
ヤマト運輸株式会社
ヤマト運輸は国内最大手の宅配便事業者。クロネコマークでも
お馴染みですね。

労働法基準法の違反例がディアなどでも最近多く目にしたりしますね
2016年12月には残業代未払いで労働基準監督署から是正勧告を
受けていて、2017年5月にはパート従業員の勤務時間の改ざんや
給料の未払いがあったとされている。

2017年9月には月に100時間を超える違法な長時間労働を
博多北支店のセールスドライバーにさせた事により
ヤマト運輸と同支店の幹部社員が労働基準法違反の疑いで
書類送検されている。

 
 

まとめ

このノミネートされた企業が、少しでも社員達の為に
時間外労働の見直しや、休日、休息を与える事にちゃんと目を向けて
社内での改革を行ってほしいと思います。

僕も過去にノミネートされている企業に今、在籍していますが、
昔よりかはマシになったと思いますが部署によっては
まだ酷い部分が残っていますよ。

「早く上司変われよ!!」っていつも思うところはあります。

上司のせいで社内のブラック企業化が進む事もありますからね・・・笑。

立場の弱い社員をすぐ呼び出して怒鳴るとか・・・
(いつもペコペコしてる方とか。)

時には上司が部下に、スキンシップという名目の暴力を振るったり。
(された側は意味不明にイラってきますよね。)

同じ役職者なのに、「君これできないならアノ仕事をして!!」とか・・・
(新入社員でもできるような雑務をおしつけたり。)
 
 
されてもツラいし、見ててもツラいですね。
 
 
 
 
なるべく早くみんなの悩みや、社内で起きたブラック企業あるあるを募集して
記事として投稿できればと思っています。

それではまたっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です