社宅のメリットとデメリットについて知っておくべき事とトラブルを事前に回避する方法

 

社宅って良いイメージも悪いイメージもありますよね。

みなさんは社宅についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

今日は社宅についてお話ししていきます。

 
 
 

社宅って何??

 
社宅とは会社が管理、所有している物件を指します。

基本的に社宅がある周辺地域の家賃相場の20%〜50%で住居が借りられるといった事が社宅の良い点ですね。

あまり高すぎると社員の負担も多くなってしまう為、会社は安い家賃で社員に住居を提供しています。

 
 
 

そもそも企業がなぜ社宅を用意しているのか??

 

 
会社が社宅を導入する目的としては、福利厚生がしっかりしていて安心感を社員に提供する為です。

福利厚生がしっかりとしている会社はこれから入る新入社員にも魅力として見えますし、長年勤めている方でも自分の会社にいれば安心といったことが言えます。仮に社宅以外の所に住んでいるとして、アパートやマンションなんかでは住宅手当を会社が支給します。それに伴い社員の給料が上がってしまい課税の対象になります。
 
 
給料が上がる事によって会社と社員両方の保険料の負担額がそれによって大きくなってしまうんですよね

逆に社宅で住んでいる社員の給料が社宅に住む事による手当は支給されませんが、会社としては社宅の家賃が福利厚生費としてなるので、課税の対象とはなりませんから会社としては良い点です。
 
 
社宅に住む社員としても家族を養っていく上で家賃が安く済むことは、とても経済面でありがたいですよね。会社側も頑張って仕事をしてくれる社員の悩みを少しでも軽減させようとしているのです。

 
 
 

社宅と社員寮の違いについて

 

 
そもそも社宅と社員寮はどちらも会社が従業員に対して安く住居を提供している事を指します。会社によっては同じ意味合いで表現している会社もあるので、社員寮を社宅と言っている会社もあります。
 
 
基本的には社宅とは子供がいたりする家族向けの住居を社宅と言い、社員寮は独身の方に向けた住居を指す事が多いです。

新入社員や若手の社員は勤続年数も浅く、給料がベテラン社員よりも少ないのが一般的です。給料の少なさから少しでも社員の負担を減らしてあげる為に会社側が家賃をかなり免除してくれるのも一つのメリットととしてあります。

しかし、ある程度年数を重ねる事で給料も上がっていき、それによって社員寮には年齢制限がかかる場合も・・・。

新しく入社してくる社員の為にも、空き家が必要になってくるので、35歳を過ぎたら自分で住居を探して下さいと会社から言われる事も会社によってはあります。
 
 
僕の知り合いが住んでいる所は月1万円らしいですから、あえて社員寮を出る理由がなければずっと居続けてしまいそうですけどね。笑

また社員寮にはアパートみたいな所の他にシェアハウスのように一軒家を数人で住んでいる所もあります。
 
 
食事も提供してくれるような所もあり、便利な面もありますが、トイレやお風呂が共同な為、些細な事でトラブルが起きてしまう事も。もしあなたがこれから転勤なとで社員寮に入る場合は、どんな所なのか事前に会社に確認しておく事がベストです。

 
 
 

社宅のメリットについて

 

1番のメリットはやはり家賃が安い事

 

 
家賃が安いのが社員にとっては1番のメリット。若いうちからマイホームを建てるのが夢だという方も中には結構いると思いますが、マイホームを建てたら固定資産税もかかってきます。

固定資産税は資産(土地、家)に対して発生する税金で、各市区町村にて税金を納めます。土地や家を持っている以上永遠に払い続けなければいけない為、生活の負担はかなり大きいですよね。

給料が少ない若いうちは社宅に住んでお金を少しでも溜めていくと言う方も世の中にはたくさんいますし家賃が安く済む為、今の会社に居続ける理由にもなりますよね。
 
 
 

家を探す手間がかからない

 

全国に営業所などがある大きい会社では、転勤などがつきものです。家族がいる方も独身の方も同じ事が言えますが、いざ転勤が決まり今とは異なる地域で暮らすとなると、どういった所に住めば良いのかがピンとはこないはずです。
 
 
いざ住んでみると通勤が不便だと感じたり、夜中の車の騒音がうるさかったりだとかの問題も後で気付いたりもします。これらの悩みから住居を探すのに時間がかかったりもする事は新居探しにはよくある事です。
 
 
社宅の場合は探す手間も省け、通勤が不便に感じるような場所は基本的にはあまりないので社員にとっては良い点ですよね。

 
 
 

社宅のデメリットについて

 

望み通りの物件ではない事

 

先ほども言った通り、物件をいざ探す手間は省けるのですが、あなたが望む物件に必ずしも住めるとは限らないのがデメリットとしてあります。築年数が古いような所もあれば以外と会社から離れているなんて事もありえます。
 
 
会社側も毎年管理していかなくてはいけないので、維持費を節約する為に外観や内装が古い社宅なんて事もよくある事です。

 
 
 

仕事が終わっても会社の人間に会う可能性がある為、プライバシーが無くなる事も

 
会社の勤務時間が終わりいざ帰宅の際に、一人で帰宅したい方も多いはず。仕事モードのオンやオフを切り替える方も多いでしょうし、そんな時に同僚が同じ社宅に住んでいると「一緒に帰りませんか?」と言われ2人で帰宅しなければいけない事も。
 
 
デメリットとしては自分は仕事が終わったらもう仕事の事は考えないと思っていても同僚から社内の人間の悪口や不満も漏らされる事もあります。
 
 
休日に外出する際には、その姿を社内の人間に見られることもある為、「アイツの私服はダサい」だったり、「アイツの彼女が可愛くない」なんて事が社内の噂になる事もあり、会社に行くのが嫌になる事もあります。
 
 
家庭を持っている方なんかでも家で毎日のように夫婦喧嘩すると隣の家に聞こえる恐れもあるので、それが原因で社内で噂になるといった事が起きてしまい旦那としても社内では嫌な思いもするし、奥さん側としても社宅内で変な噂が広まってしまうと外出しづらくなりますよね。
 
 
プライバシーを重視する方は社宅には向かないかもしれないと言えるかもしれませんね。

 
 
 

トラブルは避けたい・・・入居する前に知っておくべき事とは!?

 

家族がいる場合は家族目線で選択をする事

 

 
入居してみると近くにスーパーやコンビニ、病院や郵便局がないとかなり不便さを感じます。旦那さんは気にしないかもしれませんが奥さんや子供からすればとても不便に思い、不満をぶつけられる事もあります。
 
 
1度入って「不便だなぁ」と感じて違う所に転居するとなっては手続きも面倒ですし、お金も労力も相当使わなければいけません。
 
 
可能であれば、入居する前に会社に外観や内装、間取りも確認しておく事をオススメします。もし家族と相談して住みやすい環境ではないとなれば、社宅以外の所に住む事も検討してみてはいかがでしょうか?
 
 
 

社宅に住んだはいいがベランダがない場合も

 

いざ社宅に住んだはいいけど、ベランダがない場合もある為、洗濯しても干す場所がない!!なんてこともありえます。
 
 
部屋干しをしなくてはいけなくなるとと、服にいろんな臭いがついてイヤな思いをする事も。近くにコインランドリーがあれば良いのですが、社宅から結構離れている場所にあると、簡単にはいけないので事前に確認しておかないと後で後悔してしまいます。
 
 
毎日雨が続くと洗濯しに行くのが、後回しになり着る服がなくなるといった心配も出でくるかもしれないので注意しておきましょう。

 
 
 

まとめ

 
何度も言いますが、社宅にはメリットとデメリットがあります。生活する上では家賃が安いので助かりますが、その反面住む場所を自由に選ぶことはできないですし場合によっては同じ部署の人間と同じ社宅に住まないといけない事もある為、プライバシーが無くなる事も。
 
 
給料が多ければこのような悩みは出てこないだろうけど、これはあなたがどちらを優先するべきかにかかってきます。もしこれから社宅に入居する事を考えているのであれば、事前になんでも聞いておくことが良いと思いますよ。

 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です