うつ病で退職してから働くのが怖いと感じてしまう 

 

うつ病で仕事を辞めてしまって、また働くとなると不安や恐怖がありますよね。
 
 
本来は療養しなければいけないけど貯金もなくなり、働かなければ生きていけないという不安もあったりします。
 
 
働く事の焦りや、次の会社でも人間的に合わない人がいたらどうしようと思ったりして恐怖も芽生えてきたりします。
 
 
まずは焦らず自分のペースで一歩ずつ進む事だけを考えていきましょう。
 
 
 

うつ病との向き合い方について

 

頑張ってはいけない

うつ病で悩んでいる人は真面目な方が多く、我慢強く嫌な事でも耐えてしまう癖があります。
 
 
自分の容量を超えてしまうと、その反動でお風呂みたいに一気に溢れた水が流れ出すかのように精神的バランスが崩れ、うつ病の症状が出てきてしまいます。
 
 
退職して少しは気持ちが楽になったかもしれませんが、“また働かなければ”という状況になって、”頑張ろう”と思ってしまったら以前の自分と同じ事を繰り返してしまうので無理に頑張る事だけはやめておきましょう。

 
 
 

体調が良くなったからといって安心してはいけない

よくありがちなのが怪我をした時にも言えるのですが、全治○○週間と言われていたのにも関わらず、完治する前にその体の部位を動かしてしまうという事。
 
 
自分では体がちゃんと動くので治った気になりますが実は完治していなかったという事もあるので、怪我が悪化したり変な癖がついてしまって治りづらくなるといった事はよく聞きますよね。
 
 
これは病気も一緒で体調が良くないな・・・と、感じる期間が長ければ長いほど、ちょっとでも気分が良いと感じると治った気になってしまいます。
 
 
薬の服用を途中でやめてもいけませんし、いつまた再発するかもわからないのでしっかりと医師と相談して今後の事を決めていきましょう。

 
 
 

もう一度働く為には準備が必要

 
うつ病になってから新しい会社に行くのはとても大変な事です。心身共にエネルギーを十分に回復させる事が一番必要となってきます。
 
 
精神的に心が安定してくると“何かしなければいけない”と思ってしまいがちですが、気づかぬうちに無理をしてしまう事もあるので注意が必要です。
 
 
家族に負い目を感じ、“仕事をしなければ”と思って、体に無理をさせる事は決していけません。
 
 
医師と相談して仕事をしても良いと言われれば、少しづつで良いので心と体を仕事ができる状態まで回復させていきましょう。
 
 
まずは以前の生活リズムに戻す事が必要になってきますが、以前の出勤時間に合わせ目覚めたり車や電車を使い、会社に行くという事に慣れていきましょう。
 
 
架空の会社でもいいので決めた時間に出社できるようにシュミレーションしていく事も大事です。
 
 
すぐには慣れないので朝の出勤ラッシュの時間はあえて避けて混雑しない時間にシュミレーションとして通勤するのが良いですね。
 
 
空いた時間は少しでも他人がいる環境に慣れていく練習として公園や街を散歩する事もやってみましょう。

 
 
 

いざ働こうと思っても注意しなければいけない事

 
あまり体や頭を使う仕事はとりあえずは選ばない様にしておきましょう。仕事で悩んだり体を酷使する事でまた心と体に負担がかかってきます。
 
 
ある程度の期間うつ病が再発しなければそういった仕事も良いかもしれませんが、今のあなたへの負担が軽い様な仕事選びが良いと思います。
 
 
うまいこと正社員で見つけられない場合は、アルバイトなどの短時間で働ける仕事が負担を軽減する意味でも良いかもしれません。

 
 
 

焦らず自分のペースで行動する

 
家族と同居している場合は、無理に仕事を強要してこないはずなので下手に負い目を感じないで下さい。負い目を感じてしまうと焦ってしまい、物事がうまく進みません。
 
 
今はあなたの療養が一番大事なので、それを自分が一番理解しなくてはいけないのです。
 
 
焦って仕事をしてしまいすぐにうつ病が再発したら、家族に更に迷惑がかかるかもしれないので、目先だけを考えてはいけないのです。
 
 
周りの環境と合わせるのではなく、自分のペースでゆっくりと行動していきましょう。
 
 
 

まとめ

 
心身共にある程度落ち着いたとしても、いざ仕事をまた始めようと思ったら不安と恐怖が必ず襲ってきます
 
 
ただ決してこれはあなただけの悩みではないので、勇気をもって準備する事から始めていきましょう。
 
 
世の中には同じ悩みを抱える人はたくさんいます。例えばテレビで見る芸能人や芸人さんも同じ悩みを抱えて復帰された人もいるのでインターネットで調べてみるのも良いと思います。
 
 
焦らずしっかりと療養し、毎日少しずつでいいので元気だった以前の自分を取り戻していきましょう。

僕がブラック起業とサヨナラすることができると確信した理由はこちら

あなたは暗黙の了解(会社の雰囲気)の名の元、サービス残業や断る事ができない会社内の飲み会に参加したり、尊敬できない上司に毎日ペコペコ頭を下げて日々、ストレスを溜めまくっていませんか?

 

僕は毎日のように昼の休憩時間をまともに取れていませんし、まわりの同僚は休憩時間なのに必死で作業に追われている・・・。実際、僕も休憩せずに働いている事がほとんどです。

 

季節の変わり目などの体調が崩れそうな時期になると、風邪のひきはじめで熱があるのに頑張って会社に来る社員がほとんどで、会社を急に休んだら休んだで次に出勤した際に「体調は良くなったのか?」ではなく、言われる言葉といえば・・・

 

 

「熱が出ようが何だろうが会社に出社するのが当たり前だろう!大人なんだから!」

みたいな言葉が飛び交います・・・。

 

「え!?」笑

 

 

「熱があって、歩く事も困難でいけません!」なんて言えないし、

「もっと言えば、風邪ひているのに会社にいったら風邪を誰かにうつしてしまいます!笑」

 

なんて事も言えるはずがないというのが本音。そんな僕の思いも通じず、例え熱が高かろうが僕も同僚もまた会社に行ってしまうのですが・・・。だって会社を休んだら白い目で皆さんから見られてしまいますからね。そりゃ会社に行くでしょ。笑

 

どうですか?あなたも似たような会社で働いていませんか??このようなまともじゃない会社に今後も居なければならない、これからもずっと地獄のような日々が続いてしまう。ふとそんな時に自分の将来を考えたら、なりたくもない目の前の上司の姿が未来の自分であると気づきつつも現状を打開する方法がわからず、だらだらと約10年もの間、僕は毎日を過ごしてきました。

 

 

このままではいけない!と、頭では理解していても地獄から抜け出す道は

簡単には見つからず、いつのまにか30代も後半に近づき

転職の機会すら逃してしまいました・・・。

 

 

転職のピークも過ぎ、このまま行ったら自分は会社の駒として使われっぱなしで人生が終わるという絶望感で恐怖しかありませんでした。そんな時、自分よりさらに束縛された状態でありながら副業で月70万稼いだ知人から

そんな生活していたら人生が台無しになっちゃうからさっさと会社やめた方が良いよ。この動画を見るだけでも人生変わるし、それこそブラック企業で働いてることが超もったいなく思えてくるから』と言われ、僕はその動画を見てみることにしました。

 

 

その結果ですね・・・

 

 

一体自分は今まで何をやっていたんだろうという後悔と、ともに自分が働かずして収入を上乗せできる方法やさらには、周囲の人間を簡単に幸せにできる方法がある事に気付かされ自分の心に衝撃が走った事を今でも覚えています。

居ても経っても居られなくなった当時の僕は、動画で解説されている事を実践した結果、あっという間に月3万円を稼げるようになり、残業を減らす事に成功しました。

今、あなたがどんなにつらい状況だったとしても、現状を脱却できる知識を身に付け、日々、身の回りの環境を整えていけばブラック企業を脱出することは十分に可能です。

こちらの記事で僕が視聴したセミナーやブラック企業を脱出する方法を教えていただいた方について解説しているので、あなたも僕と同じようにブラック企業を脱出して自由に生きたい!!!と思うのであれば読んでみてください^^

↓↓↓

 

ブラック企業を抜け出し週休3日以上の人生を手にする不労所得戦略動画プレゼント!

2019.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です