熱中症の症状とは?症状が出てからでは遅すぎるその熱中症対策とは?

2018年夏、今年の夏は本当に暑いですね・・・。さすがに我がブラック企業も
急に社員が倒れこむとまずいので、塩飴やお茶などが置かれていました・・・。笑

 
 
急に倒れられたら、業務が回らなくなり困るのは会社ですからね、
残った社員がそれをカバーしても、残った人間で今度は生き残りをかけて

サバイバルレースが始まっちゃいますからね・・・!笑
 
 
 
日本のブラック企業さん達、部下を
 大切にしていきましょう!
」笑

 
 
今回はニュースでも多く取り上げられている熱中症について解説を
していきます。

 
 
 

熱中症の症状とは?

めまいや立ちくらみがする

熱中症の初期症状として多いのが“めまい”“立ちくらみ”です。
炎天下の中、取引先の会社に向かう時や外でスポーツをしている時に
良く起こります。
 
 
外だけではなく、室内でも蒸した状態の中で延々と作業をしていると
起こります。暑さで体温が上昇して体に熱がこもり、その熱を逃がそうとして
皮膚の血管が広がる事で全身を流れる血液の量が減ります。
 
 
それによって血圧が下がり、脳に行くはずの血の量が減少します。
血の流れや血圧に変化が起きる事で顔の血色が悪くなったり、
めまいや立ちくらみを起こしてしまいます。
 
 
更には体がだるくなったり、頭痛や吐き気を伴う事もあるので
注意が必要です。
 
 
対策としては、自分でなんとか歩ける状態であれば日陰や
高温多湿を避けた室内に移動しましょう。
風通しの良い場所でゆっくり体を冷やす事が大切です。

 
 
そして体を仰向けの状態で寝かせ足の下に物を置き、足を地面から10センチ以上
上げた状態で体を休ませましょう。そうする事で心臓への血流が良くなり、
脳に向かう血流を良くする効果があります

 
 
水だけではなく塩分の入ったスポーツドリンクもこまめに取る事が
重要です。
 
 
 

筋肉痛や手足の筋肉がつるといった症状

暑さによって汗が大量に出てしまって、水分が失われます。
それによって水分をこまめに取っていく事も大事なのですが、
塩分も体には必要です。
 
 
大量の汗がでると体から水分だけではなく、塩分も失われている事も
知っておきましょう。
水分だけを取ってしまうと、
血液中の塩分濃度が下がってしまいます。

 
 
それにより手や足の筋肉の収縮が起こって熱けいれんを起こす場合も
あります。全身に起きるけいれんではなくて部分的に起きるのが
その特徴です。
 
 

対策としては、涼しく体を休ませられる場所に移動するのも重要ですが、
塩分の入ったスポーツドリンクをこまめに取り、塩飴や塩タブレットを
食べましょう。
塩飴や塩タブレットは持ち運びにも便利ですし、
熱中症対策として今ではかなりの人気商品です。

 
 
 

屋外で働く人の熱中症対策

農業や建設業、交通整備や運送業の方は常に屋外にいる事も多いと思います。
そんな中で、通気性の悪い作業服や安全靴、ヘルメットの着用がどうしても
義務化されています。
 
 
汗をかいた状態で放っておくと風邪を引いたりもします。タオルを常に
首に巻く事で直射日光を避けたり、こまめに汗を拭く事も心がけておく事が
重要です。

 
 
ヘルメットを被らなくてもよい業務でも、直射日光を避ける為に帽子やタオルを
頭に巻く事が大切です。直射日光が体に当たり続けると、体内に熱がこもってしまい
熱中症に繋がります

 
 
 

外回りが多いサラリーマンの熱中症対策

「サラリーマンがタオルを巻いて取引先へ」というのは少しダサいので、
ハンカチを持ち運ぶようにしましょう。一昔前みたいにダサい柄ばかりではなく、
今ではお洒落な物もたくさんあります。
 
 
汗だくのサラリーマンは見た目も悪いですし社内外の人間からのイメージも
悪くなる為、こまめに汗を拭きとる事を習慣づけましょう。

 
 
しかし、汗が出てすぐ拭くというのはNGです。人は体温を調節する為に
汗が出ます。その汗をすぐ拭いたら余計に汗がまた出て脱水症状になる恐れも
あります。そこは注意しておきましょう。

 
 
 

蒸し暑い工場内や室内で作業されている方の熱中症対策

風が入らない様に窓を閉め切っている工場内などでは屋外より
気温が高い状況で作業をしなければいけない事もあります。
冷却シートなどで体温を少しでも下げる事が重要です。

 
 
水を含まして首周りを冷やすネッククーラーもお勧めします。
ネッククーラーを使う事によって首の付け根にある太い血管を
冷やす事で効果的に体温を冷やす事ができます。

 
 
 

まとめ

最近では男女共にミネラルウォーターや炭酸水を飲まれる方が
増えていますが、夏場は注意が必要です。

 
 
暑さにより水分を補給するという事に目が行きがちですが、
体内の塩分も失われています。
水分をこまめに取っていたとしても
熱中症は起きてしまいます。

 
 
何度も言いますが、塩飴や塩タブレットを食べたりして失われた塩分を
しっかりと取るようにする事と、それらが近くに無い時は、
塩分の入ったスポーツドリンクをこまめに飲むことが重要
です。

 
 
もし、少しでも熱中症と思われる症状が確認出来たら、
速やかに風通しの良い場所で体を休めましょう。

僕がブラック起業とサヨナラすることができると確信した理由はこちら

あなたは暗黙の了解(会社の雰囲気)の名の元、サービス残業や断る事ができない会社内の飲み会に参加したり、尊敬できない上司に毎日ペコペコ頭を下げて日々、ストレスを溜めまくっていませんか?

 

僕は毎日のように昼の休憩時間をまともに取れていませんし、まわりの同僚は休憩時間なのに必死で作業に追われている・・・。実際、僕も休憩せずに働いている事がほとんどです。

 

季節の変わり目などの体調が崩れそうな時期になると、風邪のひきはじめで熱があるのに頑張って会社に来る社員がほとんどで、会社を急に休んだら休んだで次に出勤した際に「体調は良くなったのか?」ではなく、言われる言葉といえば・・・

 

 

「熱が出ようが何だろうが会社に出社するのが当たり前だろう!大人なんだから!」

みたいな言葉が飛び交います・・・。

 

「え!?」笑

 

 

「熱があって、歩く事も困難でいけません!」なんて言えないし、

「もっと言えば、風邪ひているのに会社にいったら風邪を誰かにうつしてしまいます!笑」

 

なんて事も言えるはずがないというのが本音。そんな僕の思いも通じず、例え熱が高かろうが僕も同僚もまた会社に行ってしまうのですが・・・。だって会社を休んだら白い目で皆さんから見られてしまいますからね。そりゃ会社に行くでしょ。笑

 

どうですか?あなたも似たような会社で働いていませんか??このようなまともじゃない会社に今後も居なければならない、これからもずっと地獄のような日々が続いてしまう。ふとそんな時に自分の将来を考えたら、なりたくもない目の前の上司の姿が未来の自分であると気づきつつも現状を打開する方法がわからず、だらだらと約10年もの間、僕は毎日を過ごしてきました。

 

 

このままではいけない!と、頭では理解していても地獄から抜け出す道は

簡単には見つからず、いつのまにか30代も後半に近づき

転職の機会すら逃してしまいました・・・。

 

 

転職のピークも過ぎ、このまま行ったら自分は会社の駒として使われっぱなしで人生が終わるという絶望感で恐怖しかありませんでした。そんな時、自分よりさらに束縛された状態でありながら副業で月70万稼いだ知人から

そんな生活していたら人生が台無しになっちゃうからさっさと会社やめた方が良いよ。この動画を見るだけでも人生変わるし、それこそブラック企業で働いてることが超もったいなく思えてくるから』と言われ、僕はその動画を見てみることにしました。

 

 

その結果ですね・・・

 

 

一体自分は今まで何をやっていたんだろうという後悔と、ともに自分が働かずして収入を上乗せできる方法やさらには、周囲の人間を簡単に幸せにできる方法がある事に気付かされ自分の心に衝撃が走った事を今でも覚えています。

居ても経っても居られなくなった当時の僕は、動画で解説されている事を実践した結果、あっという間に月3万円を稼げるようになり、残業を減らす事に成功しました。

今、あなたがどんなにつらい状況だったとしても、現状を脱却できる知識を身に付け、日々、身の回りの環境を整えていけばブラック企業を脱出することは十分に可能です。

こちらの記事で僕が視聴したセミナーやブラック企業を脱出する方法を教えていただいた方について解説しているので、あなたも僕と同じようにブラック企業を脱出して自由に生きたい!!!と思うのであれば読んでみてください^^

↓↓↓

 

ブラック企業を抜け出し週休3日以上の人生を手にする不労所得戦略動画プレゼント!

2019.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です