熱中症の症状とは?症状が出てからでは遅すぎるその熱中症対策とは?

2018年夏、今年の夏は本当に暑いですね・・・。さすがに我がブラック企業も
急に社員が倒れこむとまずいので、塩飴やお茶などが置かれていました・・・。笑

 
 
急に倒れられたら、業務が回らなくなり困るのは会社ですからね、
残った社員がそれをカバーしても、残った人間で今度は生き残りをかけて

サバイバルレースが始まっちゃいますからね・・・!笑
 
 
 
日本のブラック企業さん達、部下を
 大切にしていきましょう!
」笑

 
 
今回はニュースでも多く取り上げられている熱中症について解説を
していきます。

 
 
 

熱中症の症状とは?

めまいや立ちくらみがする

熱中症の初期症状として多いのが“めまい”“立ちくらみ”です。
炎天下の中、取引先の会社に向かう時や外でスポーツをしている時に
良く起こります。
 
 
外だけではなく、室内でも蒸した状態の中で延々と作業をしていると
起こります。暑さで体温が上昇して体に熱がこもり、その熱を逃がそうとして
皮膚の血管が広がる事で全身を流れる血液の量が減ります。
 
 
それによって血圧が下がり、脳に行くはずの血の量が減少します。
血の流れや血圧に変化が起きる事で顔の血色が悪くなったり、
めまいや立ちくらみを起こしてしまいます。
 
 
更には体がだるくなったり、頭痛や吐き気を伴う事もあるので
注意が必要です。
 
 
対策としては、自分でなんとか歩ける状態であれば日陰や
高温多湿を避けた室内に移動しましょう。
風通しの良い場所でゆっくり体を冷やす事が大切です。

 
 
そして体を仰向けの状態で寝かせ足の下に物を置き、足を地面から10センチ以上
上げた状態で体を休ませましょう。そうする事で心臓への血流が良くなり、
脳に向かう血流を良くする効果があります

 
 
水だけではなく塩分の入ったスポーツドリンクもこまめに取る事が
重要です。
 
 
 

筋肉痛や手足の筋肉がつるといった症状

暑さによって汗が大量に出てしまって、水分が失われます。
それによって水分をこまめに取っていく事も大事なのですが、
塩分も体には必要です。
 
 
大量の汗がでると体から水分だけではなく、塩分も失われている事も
知っておきましょう。
水分だけを取ってしまうと、
血液中の塩分濃度が下がってしまいます。

 
 
それにより手や足の筋肉の収縮が起こって熱けいれんを起こす場合も
あります。全身に起きるけいれんではなくて部分的に起きるのが
その特徴です。
 
 

対策としては、涼しく体を休ませられる場所に移動するのも重要ですが、
塩分の入ったスポーツドリンクをこまめに取り、塩飴や塩タブレットを
食べましょう。
塩飴や塩タブレットは持ち運びにも便利ですし、
熱中症対策として今ではかなりの人気商品です。

 
 
 

屋外で働く人の熱中症対策

農業や建設業、交通整備や運送業の方は常に屋外にいる事も多いと思います。
そんな中で、通気性の悪い作業服や安全靴、ヘルメットの着用がどうしても
義務化されています。
 
 
汗をかいた状態で放っておくと風邪を引いたりもします。タオルを常に
首に巻く事で直射日光を避けたり、こまめに汗を拭く事も心がけておく事が
重要です。

 
 
ヘルメットを被らなくてもよい業務でも、直射日光を避ける為に帽子やタオルを
頭に巻く事が大切です。直射日光が体に当たり続けると、体内に熱がこもってしまい
熱中症に繋がります

 
 
 

外回りが多いサラリーマンの熱中症対策

「サラリーマンがタオルを巻いて取引先へ」というのは少しダサいので、
ハンカチを持ち運ぶようにしましょう。一昔前みたいにダサい柄ばかりではなく、
今ではお洒落な物もたくさんあります。
 
 
汗だくのサラリーマンは見た目も悪いですし社内外の人間からのイメージも
悪くなる為、こまめに汗を拭きとる事を習慣づけましょう。

 
 
しかし、汗が出てすぐ拭くというのはNGです。人は体温を調節する為に
汗が出ます。その汗をすぐ拭いたら余計に汗がまた出て脱水症状になる恐れも
あります。そこは注意しておきましょう。

 
 
 

蒸し暑い工場内や室内で作業されている方の熱中症対策

風が入らない様に窓を閉め切っている工場内などでは屋外より
気温が高い状況で作業をしなければいけない事もあります。
冷却シートなどで体温を少しでも下げる事が重要です。

 
 
水を含まして首周りを冷やすネッククーラーもお勧めします。
ネッククーラーを使う事によって首の付け根にある太い血管を
冷やす事で効果的に体温を冷やす事ができます。

 
 
 

まとめ

最近では男女共にミネラルウォーターや炭酸水を飲まれる方が
増えていますが、夏場は注意が必要です。

 
 
暑さにより水分を補給するという事に目が行きがちですが、
体内の塩分も失われています。
水分をこまめに取っていたとしても
熱中症は起きてしまいます。

 
 
何度も言いますが、塩飴や塩タブレットを食べたりして失われた塩分を
しっかりと取るようにする事と、それらが近くに無い時は、
塩分の入ったスポーツドリンクをこまめに飲むことが重要
です。

 
 
もし、少しでも熱中症と思われる症状が確認出来たら、
速やかに風通しの良い場所で体を休めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です