体調管理も仕事のうちって言うけど突然社員が休むのも仕事のうちじゃない!?

 

「体調管理も仕事のうち」ってよく会社の上司や目上の人間に言われますが、

 
 
会社にしてみても社員が突然体調を崩して休んでしまうのも仕事のうちだとは思いませんか?

 
 
それなのに会社に休みを下さいと電話をいれると「こんな忙しい時期に休むなんて何を考えているんだ!」なんて事を言われたりもします

 
 
確かに体調管理は日々の生活においても私生活においてもとても重要です。

 
 
でも仕事を100%の成功で終える人間ばかりではないですし、体調管理にしてみてもみんながみんなしっかりと出来るわけでもありません。

 
 
会社にしてみれば急な人手不足に対応できるよう人を多く配置する事も仕事のうちだと思うのは僕だけでしょうか?
 
 

 
 

体調管理を怠った人が全て悪い・・・

 
体調不良は誰にでも起こりうる事ですし、有名なアーティストなんかにしてもコンサートの予定があってファンが待ち望んでいるのに急な体調不良によって延期や中止になる事もたまにあります。
 
 

どれだけ一流の人間が体調管理をしっかりとしていてもどうにもならない事というのは起きてしまいます。
 
 
ましてや僕達みたいなごく普通の生活をしている所得の低い人間からしてみれば前もって自己管理をするにしてみても限界がありますよね
 
 
誰だって同僚や会社に迷惑をかけたくないから多少の体調不良でも仕事に向かっているのに、どうしても仕事が行けないような状況になって会社に連絡をいれると嫌味みたいな事を言われたりもします。
 
 

ひどい時には、「体調管理を怠った人が全て悪い・・・」みたいな事を言われたりしますからね。

 
 

会社が無理な長時間勤務を要求し続けても寝不足で体調不良にもなりますし、ある程度の休日を週に何回か用意してくれるならまだしも、無休で働く人も中にはいます。
 
 

それなのに立場的に低い人間、つまり僕達が全て悪いみたいな言い方はなんか腑に落ちないなと感じてしまいますよね

 
 
 
 

どれだけ体調が悪くても会社にとりあえず来い!

 
実際に僕が経験した話なのですが、忙しい時期なのは分かっていましたが、
 
 
ある日、体調が悪すぎて朝起きると頭痛と吐き気、さらにはめまいもひどく立つ事すら出来ない状況になってしまい、無理を言ってその日はどうにか電話で休みをいただく事ができました。
 
 
後日体調が回復し出社した僕に上司が体調が悪くてもとりあえず会社に来るのが普通だろ!と、僕に言ってきました。

 
 
ん!?
 
 
いやいや・・・。体調が悪すぎて立つこともできないような状況だったから休ませてほしいと言ったんですよ・・・。なんて事はさすがに言えませんでしたが、
 
 

逆に僕がフラフラの状態で仕事したら急に倒れたりミスをしまくって他の人に迷惑をかける事も考えてないのかな?って思っちゃいますよね。笑
 
 

もっと人を管理する側の人間は視野を広く持ってほしいなと感じてしまいますね。

 
 
 
 

急に会社を休むのも迷惑だけど休まないのもまた迷惑である

 

同僚に突然休みを取られてしまうと休んだ人の仕事は僕らまわりの人間がフォローしなしなければいけません。

 
 

それもあって職場では大事な仕事が次の日に控えている時なんかに「明日は絶対休むなよ!」と言われる事もあります。

 
 
まぁ簡単に言えば、誰かが休むと誰かに迷惑がかかってしまうという事ですね。

 
 
よくCMなんかでもやっていますが、「大事な仕事の前の急な発熱時に」なんてキャッチフレーズで薬を宣伝していますよね?

 
 
逆にあんなCMがあるから「無理してでも仕事に行かなければいけない」みたいな社会になっているのかなって僕は思ってしまいますけどね。

 
 

でもはっきりと言える事は風邪を引いた人に出勤される方が実は周りからしたら迷惑なんですよね。
 
 

社内で風邪が広がってしまって会社全体がうまく回らない事も考えられますよね。
 
 
最悪、これがインフルエンザの場合だと余計に深刻な問題にも発展していきます

病気に自ら望んでなりたいなんて人はほとんどいないと思いますし、いたとしてもプール嫌いの小学生がプールの授業がある日の前日に風邪を引きたいと思っているくらいな訳で。笑

 
 

誰もが病院に行く事自体がめんどくさいと思っていますし、日々の体調管理に気を付けていたからって、突然熱が出たり体調を崩す事は誰にだって起こりうる事です。

 
 

飲み過ぎて二日酔いになったり、夜更かしのし過ぎで寝不足になってしまうなんてのは自己責任なので「体調管理も仕事のうち」と言われても構いませんが、なりたくてなったワケではない急な体調不良や病気については会社もそれなりのフォローをして欲しいですよね。

 
 
 
 

よくよく考えれば体調管理をしていく費用は会社持ちでいいのでは?

 
そもそも体調管理も仕事のうちと言うなれば、その費用は「会社持ちにするべきなのでは?」と思うのは僕だけでしょうか?笑
 
 

プロ野球などプロの世界のスポーツをテレビで見たことがある人は多いと思いますが、たとえば先発のピッチャーなんかにしてみても投げ終わった後は、肩を冷やさない為にケアをしていますし、サッカーにしてみても交代でベンチに戻った後はジャージを着たりして風邪をひかないように厚着をしたりしていますよね。
 
 

より良いパフォーマンスをして欲しいならそういった環境作りにも会社は力を入れて欲しいなと感じてしまいます。
 
 

たとえば仮に栄養ドリンクを会社側が用意して置いておくだったり、マスクや冷えピタ(頭に貼るやつ)なんかを用意して置くだけで使う使わないは別として仕事をしていくモチベーションが違ってきますよね。
 
 

風邪薬なんかを前もって用意してくれれば少しは安心して出社できたりもしますからね。
 
 
 
 

さいごに

 
体調管理も仕事のうちと言う言葉について今日は話していきましたが、多少なりとも急な休みの要求でも休みが取らしてもらえるのであればまだ良いですが、会社を休むこと自体が御法度(禁じられている事)みたいな風潮の会社に居る場合は、転職を視野に入れた方が良いと個人的に思います
 
 

最悪、家族や親戚のお見舞いや身近な人が急に亡くなってしまい、お通夜や葬儀にも出席できないなんて事にもなると人間としてどうなのかなって思ってしまいますからね。

 
 
 
 
上司から「仕事が嫌ならやめろ!」と言われた時
 
38度以上の熱が出てもあなたは会社に出社を要求されていませんか⁈ブラック企業だからこその自己犠牲
 
 
 
 
ブログランキング参加中です!!
応援のクリックをお願いします!
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です