上司から「仕事が嫌ならやめろ!」と言われた時

ブラック企業の上司は頑固で暴言を吐く人が多いです。
上司がよく言うセリフで
「仕事が嫌ならやめろ!」と言うセリフが
ありますが、簡単には部下が辞めれない状況と分かっていて、
言ってくる場合がほとんどです。

このような上司もまた、昔も今も同じような経験をしている事が多いです。
ブラック企業は同じことを繰り返す負の連鎖がよくあります。
 
 
 

弱い立場の人間に八つ当たり

暴言を吐く上司は間違いなくストレスを抱えています。会社内や
家庭で問題があってそのストレス発散で暴言を吐いている事が
あります。

例えば上司の更に上の上司にあたる人間から、業績が悪い事で
嫌味を言われたり、暴言を吐かれたりしていて、そのストレスを
僕たちのような弱い立場の人間にぶつけてくるのです。

家庭内で言えば、上司ともなればある程度、歳が取っている為、
お金の問題や子供の問題が出てくるでしょう。そんな中で夫婦間の
トラブルのストレスが部下への暴言となってくる事も多々あります。

 
 
 

辞めづらい状況と分かっていて「辞めろ」と言ってくる

職場的に人員が足りない状況など分かっていて「仕事が嫌ならやめろ!」
と言ってくる事があります。僕達部下の立場からすると「辞めろ!」と
言われれば、「はい、辞めさせていただきます」と言いたいところですが、
 
 
社内の状況から見て、人手不足で自分が辞めると周りのみんなに
迷惑がかかってしまう、そんな気持ちになってしまい、
辞めるに辞めれません。
 
 
それを分かっていて彼らはそう言ってくるのです。辞めづらいと
感じているのは自分だけではありません。周りの同僚みんなが
そう思っているのです。
 
 
 

サラリーマンは奴隷となんら変わりはない

ほとんどの会社では上司から言われたままに、業務やノルマをこなし
1日が終わります。
 
 
自分のしたいように仕事をスムーズに進られる人って少ないのではないですか?
職種によっては、上司から「自分のしたいようにやって良いよ」と言われるかも
しれませんが、基本はそうではありません。
 
 
 

サラリーマンと奴隷が生きる為に必要な事

会社の社長であれば王様みたいなもので、自分の進めたいように業務を指示できます。
その王様の部下の兵士(部長や課長)は奴隷(平社員)に、
 
 
「いついつまでにこれをしておけ!」って言うんですよね。
奴隷は言われた仕事をすれば食事が与えられます。
生きる為にはそれが必要だから、僕達サラリーマンからしたら
それは同じなんです。それは給料という形が変わっただけのもの。

 
 
奴隷の食事=サラリーマンの給料
 
 
こうやって見ると僕達サラリーマンは奴隷となんら変わりありません。
明日生きる為にする事をするだけ・・・。
 
 
たとえ嫌いな上司に「おまえはホント使えねーな」とか「仕事が遅せぇ!」
なんか言われても歯を食いしばって言われたことをしなければいけません。
 
 
だんだんそれが当たり前に見えてきて感覚がマヒします。
「同僚のアイツも頑張ってるから、じゃあ自分も頑張らなくちゃ」
僕達サラリーマンは生きて行く為にいろんな事が見えなく
なってきているのかもしれません。

 
 
 

会社の経営が傾きかけた時の為にすぐ行動できる準備はしておくべき

すぐ「辞めろ!」と言ってくるなど暴言を吐きまくる上司がいる職場は、
正直、社員の離職率も多いです。上司の暴言からのストレスが原因で
辞める人は本当に多いです。
 
 
結局、そうすると辞めた社員の仕事が周りの社員に降りかかります。
そうなる事で仕事が追い付かず、残った社員にも暴言を吐いてきます。
 
 
そうなるとその社員もまた耐えられず、辞めてしまう・・・。
僕も数多くそれは経験してきています。
 
 
 

ある程度いつ辞めてもいいように準備だけはしておいた方がいい

知人や友達の話をあらかじめ聞いておいて、いつか仕事を
紹介してもらえないかなど、給料や福利厚生などは聞いておいて
損はないでしょう。
 
 
お金の面では、会社が副業禁止とされていても、今の現代では
アルバイトだけがお金を作る方法ではありません。
 
 
インターネットを使えばいくらでも副業ができますし、
海外とも繋がる事すら出来ます。
 
 
日本で仕入れをして海外で売れば高く売れる物もたくさんあります。
メルカリなどが最近では流行っていますが、家にあるいらない物を
インターネットを通じ高く売って、お金を作る事も出来ます。

 
 
遊ぶ費用にお金を作るのではなく、今後の自分の為にお金を作る事も
必要になってきます。

僕がブラック起業とサヨナラすることができると確信した理由はこちら

あなたは暗黙の了解(会社の雰囲気)の名の元、サービス残業や断る事ができない会社内の飲み会に参加したり、尊敬できない上司に毎日ペコペコ頭を下げて日々、ストレスを溜めまくっていませんか?

 

僕は毎日のように昼の休憩時間をまともに取れていませんし、まわりの同僚は休憩時間なのに必死で作業に追われている・・・。実際、僕も休憩せずに働いている事がほとんどです。

 

季節の変わり目などの体調が崩れそうな時期になると、風邪のひきはじめで熱があるのに頑張って会社に来る社員がほとんどで、会社を急に休んだら休んだで次に出勤した際に「体調は良くなったのか?」ではなく、言われる言葉といえば・・・

 

 

「熱が出ようが何だろうが会社に出社するのが当たり前だろう!大人なんだから!」

みたいな言葉が飛び交います・・・。

 

「え!?」笑

 

 

「熱があって、歩く事も困難でいけません!」なんて言えないし、

「もっと言えば、風邪ひているのに会社にいったら風邪を誰かにうつしてしまいます!笑」

 

なんて事も言えるはずがないというのが本音。そんな僕の思いも通じず、例え熱が高かろうが僕も同僚もまた会社に行ってしまうのですが・・・。だって会社を休んだら白い目で皆さんから見られてしまいますからね。そりゃ会社に行くでしょ。笑

 

どうですか?あなたも似たような会社で働いていませんか??このようなまともじゃない会社に今後も居なければならない、これからもずっと地獄のような日々が続いてしまう。ふとそんな時に自分の将来を考えたら、なりたくもない目の前の上司の姿が未来の自分であると気づきつつも現状を打開する方法がわからず、だらだらと約10年もの間、僕は毎日を過ごしてきました。

 

 

このままではいけない!と、頭では理解していても地獄から抜け出す道は

簡単には見つからず、いつのまにか30代も後半に近づき

転職の機会すら逃してしまいました・・・。

 

 

転職のピークも過ぎ、このまま行ったら自分は会社の駒として使われっぱなしで人生が終わるという絶望感で恐怖しかありませんでした。そんな時、自分よりさらに束縛された状態でありながら副業で月70万稼いだ知人から

そんな生活していたら人生が台無しになっちゃうからさっさと会社やめた方が良いよ。この動画を見るだけでも人生変わるし、それこそブラック企業で働いてることが超もったいなく思えてくるから』と言われ、僕はその動画を見てみることにしました。

 

 

その結果ですね・・・

 

 

一体自分は今まで何をやっていたんだろうという後悔と、ともに自分が働かずして収入を上乗せできる方法やさらには、周囲の人間を簡単に幸せにできる方法がある事に気付かされ自分の心に衝撃が走った事を今でも覚えています。

居ても経っても居られなくなった当時の僕は、動画で解説されている事を実践した結果、あっという間に月3万円を稼げるようになり、残業を減らす事に成功しました。

今、あなたがどんなにつらい状況だったとしても、現状を脱却できる知識を身に付け、日々、身の回りの環境を整えていけばブラック企業を脱出することは十分に可能です。

こちらの記事で僕が視聴したセミナーやブラック企業を脱出する方法を教えていただいた方について解説しているので、あなたも僕と同じようにブラック企業を脱出して自由に生きたい!!!と思うのであれば読んでみてください^^

↓↓↓

 

ブラック企業を抜け出し週休3日以上の人生を手にする不労所得戦略動画プレゼント!

2019.06.25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です