未来の無い会社に勤める必要はありません

きっとこの記事をあなたが見ているという事は、仕事へのモチベーションが
低下して退職を少しでも考えている状態なのではないでしょうか。

今の給料は良いが職場の人間関係や雰囲気がよろしくない会社に在籍している方も
多いはずです。そういった会社は日本には山ほどあるのです。
社員はコンタクトレンズの様に使い捨て扱いられるのです。
 
 
 

給料が高い会社と、低い会社の一例

まず、給料が低い会社と高い会社ではどちらに入社したいですか?
この情報だけでは一般的に後者を皆さん選ぶと思います。
給料が低いと自分のしたい事も制限されてしまいますし、
将来への貯蓄も上手くできません。
 
 
ただ給料が高い会社に入ればお金にも、あまり困らずしたい事も
沢山出来るというのは大間違いです。
 
 
給料が高いという事は、あまり人がやりたがらない仕事や、
技術を求められる仕事がほとんどです。

 
 
業務時間が長い事もある為、自分の時間を作る事ができない事が多く、
ストレスを発散させる事ができない人も多くいるのが現実です。
 
 
あまり人がやりたがらない仕事は業務内容がキツい為、過労や病気で
早期の退職者が多いのも事実です。
企業側はそれを承知で給料を高く設定し求人を募るのです。
 
 
給料が高ければ入社希望者も多いですし、給料が高いから仕事を
簡単には辞めづらいという方も多いからです。

 
 
ただ会社としては辞められたところで、入社希望者が多いので
社員を簡単に使い捨てにできるのです。

何が言いたいかというとこんな会社に未来は無いという事です。
 
 
 

未来が無い会社とは?将来に不安がある会社とは?

・以前は勢いがあったが時代遅れな業界
・成長が期待できない会社
・リストラされる可能性がある会社
・給料UPが期待できない

これらはあなたにとって未来が無い会社です。居座り続けると
後で後悔する事が多いです。
会社が未来に向けて成長する意思が見受けられません。
 
 
会社が頑張ろうとしていれば社員もそれに応えますが、
企業努力が目に見えない場合は社員一人一人のモチベーションが
低下していく一方です。
 
 
 

コストカットばかりをする会社

コストカットとは簡単に言うと、経費を切り詰める事や
費用の削減を意味します。
 
 
会社において人件費が一番お金が動く部分なのですが、
給料が上がらないだとかリストラといった事はかなり経営が
圧迫されている事は間違いありません。
 
 
もっと言えば簡単に給料の減給をしてくる会社はかなり危ないと言えます。
将来、同じ事を平気でしてくる可能性が高いからです。

 
 
社内での電気代やガソリン代の削減ではどうにもならなく
なっているという事が言えます。
 
 
 

労働環境にも影響を及ぼす

会社がコストカットをする事で、あまり冷暖房を使わしてくれない事や、
車を使う場合も使用不可といった事があります。
 
 
夏場になると冷房が使えないと近年ではかなりツラい思いをする事が
多々あります。仕事の質も落ちますし、社員の不満も増えていくばかりです。
 
 
長年勤めている人は慣れているかもしれませんが、新入社員なんかは納得が
いかない子も中にはたくさんいます。
 
 
 

まとめ

未来がない会社というのは企業努力がされていない会社がほとんどで、
会社の将来の為の投資をなされていません。今はお金が掛かりますが
将来社員が減っても業務を回していける設備投資をする事も
会社には必要です。

 
 
それも理解できない上層部や経営者が沢山いるのが現実であり、
その場しのぎの経営になってしまっている事が多いです。

 
 
その為、「使い捨て社員」や「社畜」扱いされる人が日本には
たくさんいます。

今後はどんな「○○社員」と言う言葉が生まれて来るのでしょうか・・・。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です